客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真 2499L

● 客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真 額入りジクレーアート
 ≪Queen Mary, 16-ton Anchor≫


額縁・マットの色をプルダウンにてお選びください

客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真 2499L

価格:

7,832円 (税込)

額・マット:
購入数:

送料無料。お届けはご注文後約7日です。価格にはアートプリントとマット・額縁、全て含まれます


商品名 :客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真 2499L
作品名 :Queen Mary, 16-ton Anchor
作者名 :anonymous
製作年 :1935
額縁・マット : カマボコ型 12mm t=1.5mmx2枚ダブルマット 前面1.5mm厚クリアーガラス
          額縁とマット色をお選びいただけます
           ・黒艶消し額縁 X ブラウン/ライトベージュ・ダブルマット
           ・白ツヤ額縁 X ネイビー/ライトブルー・ダブルマット
額縁サイズ : 365mm x 440mm
作品サイズ : 230mm x 335mm (内側マット抜きサイズ、表側オーバーマット抜きは240 x 345mm)

・ フレームの詳細

額装色見本

・ ディスプレーイメージ : 大きさの参考にしていただくためのイメージ写真です

客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真 2499L、ディスプレーイメージ

・ 額入りジクレーアートについて

当商品は伊勢和紙に顔料インクを用いたレプリカジクレープリントを、日本製の額装材料にてアート額装したものです。作品に奥行きを持たせるダブルマット(濃淡二重のマット)仕様です。
三重県伊勢市の伊勢和紙は江戸期より伊勢神宮奉書紙として漉かれ、伊勢神宮ばかりでなく全国の神社の神宮大麻(お札)として使用されています。インクジェットアートプリントへの取り組みに意欲的で、伊勢和紙アートペーパーは阿波紙と並ぶ新たなアート材料として世界中の写真家やアーティストに使用されています。無酸性和紙に顔料インクを使用することによりシルクスクリーン、リトグラフ、オフセットプリントに比べ、格段に耐光性・保存性が良く、長期にわたって鑑賞に耐えます。表面テクスチャーはマーメード紙やキャンソン紙程度の強さを持ち、厚めに乗せた顔料によって深みのある風合いが楽しめます。
製作にあたってはデジタル撮影、またはスキャニングした画像データに経年保存による傷の補修、色あせや黄ばみは原画の表現を損なわない範囲で色調・彩度の可塑修正を施し、再度、作品ごとの印刷プロファイルを微調整して仕上げ、新たなアート作品としてお楽しみいただけます。


● 客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真

クイーンメリー。1935年、クライドバンク・ジョンブラウンシップヤードにて16トンアンカーの写真です。
1936年、北大西洋定期航路に就航、ライバルの仏ノルマンディーとのスピード競争を繰り広げ、大衆は固唾を飲んで見守り熱狂しました。クイーンメリーは1936年にノルマンディーからブルーリボンを奪取すると、翌1937年にはノルマンディーが奪還、1938には再びクイーンメリーがブルーリボンホルダーとなりました。(ブルーリボンは大西洋横断最速記録更新客船の称号) この黄金の名勝負は第二次大戦でピリオドが打たれ客船の黄金時代も幕を閉じました。大戦中、クイーンメリーは兵員輸送に従事、戦中を通じ実に80万人もの兵員を運びました。大西洋に平和が戻り、クイーンメリーが大西洋に戻ったのは1948年、もうライバルのノルマンディーもいませんでした。代わりに僚船クイーンエリザベスを得て、2隻で大西洋定期航路サービスを開始、しかし第二次大戦で16世紀から続いた大英帝国の栄光の終焉とともに空にはジェット旅客機、乗客定員2100名のクイーンメリーが、時にはたった50名の乗客しか乗せずに航海・・・こうして1967年クイーンメリーは退役、客船は重要な交通手段としての役割を終えまいした。現在、クイーンメリーはカリフォルニア州ロングビーチに係留され、大英帝国の偉大なるモニュメントとして保存利用されています。
スコットランド、グラスゴー近くのクライド川岸、ジョンブラウンシップヤードも広大な海外領土を有し、いち早く産業革命を成し遂げた英国の象徴的ランドマークのひとつでした。クイーンメリーは、1929年、アメリカで恐慌が発火する中で起工、しかし恐慌は世界を巻き込むに至り、キュナードラインの収益も急速に悪化、とうとうクイーンメリーの建造はストップしました。英国政府は、失業者の増加や社会的悪影響を回避するために、ホワイトスターラインとの合併を条件に950万ポンドの融資を決定、このうちの300万ポンドがクイーンメリーの建造に充てられ(500万ポンドは二番船クイーンエリザベス建造資金、150万ポンドは当座の運転資金)、2年4ケ月振りに建造が再開されました。恐慌があったとはいえ、クイーンメリーはキュナードラインという一私企業の事業ではなく、まさに国家的事業だったといえます。(ライバルのノルマンンディーも似たような経緯をたどり、最後はやはりほぼ国家予算で建造された客船でした) 現在の感覚からすると無謀とも言える客船建造はひとつの奇跡だったかもしれません。その奇跡を呼び起こしたのは当時の人々が客船という建造物の魔力に取り憑かれていたとしか説明がつきません。この、歴史的な国家事業がモニュメントとなり保存されていることも奇跡のように感じます。人々の苦闘をよそに静かに佇むクイーンメリーと、クイーンメリーの船首にぶら下げられるのを待つアンカーはどことなく物憂げです

・ 雑感

クイーンメリーの建造にあたっては、船体ラインズの最終検討案は16案に上り、このすべてを水槽実験してモデルを走らせた距離は延べ1800kmにも及びました。主機関は14種類の案から蒸気タービンを採用しました。念入りに計画されたものの、船は昔も今も最終的には浮かべて走らせないと判らないもの・・・クイーンメリーの振動はすさまじく、就航翌年にはスクリュープロペラを交換しました。しかし、今もぶら下がっている16トンアンカーは・・・この写真に写っている1935年に取り付けられたそのものです (T.O.)

【Maritime Gallery Ocean-Note】


● ジクレーアートプリント・客船の写真L 「ART OF SHIP」 INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

客船オリンピック・ニューヨーク入港の記録写真 2505L 客船タイタニック・建造中船首の記録写真 2511L 客船リヴァイアサン・ニューポートニューズ造船所のアート写真 2504L 客船ナイアガラ・ファンネルのアート写真  2501L 客船アキタニア・サウサンプトン入港のアート写真 2496L 日本郵船・諏訪丸の記録写真 2506L 日本郵船・龍田丸のアート写真 2494L 客船クイーンメリー・16tアンカーの記録写真 2499L 客船ノルマンディーのアート写真 ?New York 1938? 2513L P&O客船のアート写真 ?Liner at Night? 2500L ニューヨーク沖のアート写真 ?Leaving New York? 2502L 客船フランス・船首のアート写真 2486L 客船フランス竣工・スターンの記録写真 2158L 客船クイーンエリザベス2のアート写真 2512L 客船クイーンメリー2・ハイス桟橋のアート写真 2497L 客船クイーンメリー2・洋上デッキのアート写真 2508L 難破船アメリカンスターのアート写真 2510L 南仏・客船ラディアのアート写真 2509L 飛鳥II・横浜出港のアート写真 2482L クイーンメリー2とクイーンエリザベス2のランデブー写真 2484L 客船クイーンメリー2と自由の女神・アート写真 2483L 横浜・日本郵船氷川丸船首のアート写真 2495L 客船クイーンメリー2とクリストファー・リンド船長のアート写真 2747L 客船クイーンメリー2とケヴィン・オープリー船長のアート写真 2748L

ジクレーアートプリント・客船の写真L 「ART OF SHIP」 一覧ページ

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】