客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 2733L

● 北ドイツロイドライン 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 額入りジクレーアート
 ≪SS Kaiser Wilhelm der Große, Norddeutschen Lloyd≫


額縁・マットの色をプルダウンにてお選びください

客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 2733L

価格:

7,832円 (税込)

額・マット:
購入数:

送料無料。お届けはご注文後約7日です。価格にはアートプリントとマット・額縁、全て含まれます


商品名 :客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 2733L
作品名 :SS Kaiser Wilhelm der Große, Norddeutschen Lloyd
作者名 :Frank Beken
製作年 :1890s
額縁・マット : カマボコ型 12mm t=1.5mmx2枚ダブルマット 前面1.5mm厚クリアーガラス
          額縁とマット色をお選びいただけます
           ・黒艶消し額縁 X ブラウン/ライトベージュ・ダブルマット
           ・白ツヤ額縁 X ネイビー/ライトブルー・ダブルマット
額縁サイズ : 440mm x 365mm
作品サイズ : 335mm x 230mm (内側マット抜きサイズ、表側オーバーマット抜きは345 x 240mm)

・ フレームの詳細

額装色見本

・ ディスプレーイメージ : 大きさの参考にしていただくためのイメージ写真です

客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 2733L、ディスプレーイメージ

・ 額入りジクレーアートについて

当商品は伊勢和紙に顔料インクを用いたレプリカジクレープリントを、日本製の額装材料にてアート額装したものです。作品に奥行きを持たせるダブルマット(濃淡二重のマット)仕様です。
三重県伊勢市の伊勢和紙は江戸期より伊勢神宮奉書紙として漉かれ、伊勢神宮ばかりでなく全国の神社の神宮大麻(お札)として使用されています。インクジェットアートプリントへの取り組みに意欲的で、伊勢和紙アートペーパーは阿波紙と並ぶ新たなアート材料として世界中の写真家やアーティストに使用されています。無酸性和紙に顔料インクを使用することによりシルクスクリーン、リトグラフ、オフセットプリントに比べ、格段に耐光性・保存性が良く、長期にわたって鑑賞に耐えます。表面テクスチャーはマーメード紙やキャンソン紙程度の強さを持ち、厚めに乗せた顔料によって深みのある風合いが楽しめます。
製作にあたってはデジタル撮影、またはスキャニングした画像データに経年保存による傷の補修、色あせや黄ばみは原画の表現を損なわない範囲で色調・彩度の可塑修正を施し、再度、作品ごとの印刷プロファイルを微調整して仕上げ、新たなアート作品としてお楽しみいただけます。


● 北ドイツロイドライン 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真

船名のカイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼとは「偉大なる皇帝ウィルヘルム」の意で、ウィルヘルム1世を指します。この客船は歴史上の重要人物、ウィルヘルム1世の孫にあたる皇帝ウィルヘルム2世を抜きに語れません。第一次世界大戦の張本人と理解されますが、その真偽は別に譲るとして、英仏に倣い海外領土への野心を抱くウィルヘルム2世は即位翌年、英国の観艦式に参列した後に強大な海軍と海運を持つ意を決し、1898年9月の演説で「ドイツの将来は海上にあり」と宣言、艦隊法を制定して英海軍との建艦競争に突入しました。一方、先の英海軍観艦式でウィルヘルム2世が特別気にかけた艦が一隻ありました。特設巡洋艦として観艦式に参加したホワイトスターラインの新造客船チュートニックです。ウィルヘルム2世は母方の叔父にあたるウェールズ公(後のエドワード7世)とともにチュートニックに乗船し仔細に観察しました。「わがドイツもこのような客船を持たねばならない」と漏らしたといわれ、この意向はドイツの二大船会社NDLとHAPAGに伝えられました。
蒸気船による大西洋横断が始まって以来、1850年代の一時期を除き、最速記録は常に英国製の客船のものでした。ドイツのエンジニア、ツィメルマンは11年間に渡り英国の造船所に籍を置き帰国、技術を習得してフルカン造船所の主任設計技師となりました。NDLは早い時期から大西洋横断定期航路に進出してはいたものの、客船の速度も乗客数も英国の後塵を拝していました。1880年代になるとNDLは経営陣の交代を機に攻勢を掛けます。当時の英国船の発着港はリバプールで、郵便輸送に支障なくとも乗客数を稼ぐには英仏海峡ルートが有利です。NDLは中速中型船を建造しサウサンプトン寄港の海峡ルートで英国勢に挑み、キュナードとホワイトスターの乗客数を上回る成績をあげました。競争力維持のための船腹更新期は1890年代後半に訪れました。
皇帝の野心、技術者の向上心、新航路の成功、船腹更新、これらの条件が奇跡的に同時期に整って誕生したのがツィメルマン設計、フルカン造船所建造の客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼでした。NDL経営陣はブルーリボン(大西洋横断最速客船の称号)が集客に与える絶大な効果を認め、最初からブルーリボン奪取を契約の条件として2隻の客船を別々の造船所に発注、試運転ではなく実際に大西洋横断を一往復して所定の巡航速度を記録できない場合は船の受領を拒否するという異例の内容でした。この契約がどれほど厳しいものであったかは、シハウ造船所建造のカイザー・フリードリッヒが所定の速度に達せず実際に受領を拒否されたことでもわかります。史上初の4本ファンネル客船だったカイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼは1897年、これもまた史上初のブルーリボンを見事にドイツにもたらしました。英国の独壇場とも思われた最大最速の客船の座は、以後10年にわたってドイツが独占することになりました。写真は1897年頃にソレント海峡で撮影されたものです

・ 雑感

ファンネルの数では、1859年に全長210mの外輪汽帆船グレート・イースタンが6本のファンネルを持っていました。半世紀早すぎたこの船を満載に出来る港も貨物も存在せず運用は大失敗、最後は英米間の海底ケーブル施設船として利用されました。話題のブルーリボン客船であったカイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの4本ファンネルは大成功で、ポスターや広告に描かれた4本ファンネルの高速客船を想像していた船客が、4本ファンネルではない客船に乗らずにクレームを付けたとか、4本ファンネルの船に乗るために出直した・・・などといった挿話も伝わっています。どれだけ人気があったかといえば、あのタイタニック(オリンピック級客船)は4本ファンネルながら最後部の1本はダミーで、4本ファンネル人気にあやかったという実話があります。米国移住の乗船客にとっては一生に一度の大冒険、いずれ乗るなら当代最高の客船に乗りたい・・・尤もです (T.O.)

【Maritime Gallery Ocean-Note】


● ジクレーアートプリント・客船の写真L 「SHIP PROFILE」 INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

客船ジャーマニックの写真 2723L 客船シティ・オブ・ベルリンの写真 2724L 客船ブリタニックの写真 2725L 客船アラスカの写真 2726L 客船シティ・オブ・パリの写真 2727L 客船マジェスティックの写真 2728L 客船チュートニックの写真 2729L 客船シティ・オブ・ニューヨークの写真 2730L 客船カンパニアの写真 2731L 客船ルカニアの写真 2732L 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 2733L 客船ドイチェラントの写真 2734L 客船クロムプリンツ・ウィルヘルムの写真 2735L 客船カイザー・ウィルヘルム・2世の写真 2736L 客船ルシタニアの写真 2737L 客船モーレタニアの写真 2738L 客船タイタニックの写真 2493L 客船アキタニアの写真 2739L 客船マロロの写真 2503L 日本郵船・氷川丸の写真 2507L 日本郵船・氷川丸の写真 2491L 日本郵船・浅間丸の写真 2492L 日本郵船・秩父丸の写真 2498L 客船ブレーメンの写真 2740L 客船オイローパの写真 2741L 客船レックスの写真 2742L 客船コンテ・ディ・サヴォアの写真 2743L 客船ノルマンディーの写真 2489L 客船クイーンメリーの写真 2744L 日本郵船・新田丸の写真 2490L 客船クイーンエリザベスの写真 2153L 客船ユナイテッドステーツの写真 2488L 客船フランスの写真 2487L 客船クイーンエリザベス2の写真 2745L 客船クイーンメリー2の写真 2746L

ジクレーアートプリント・客船の写真L 「SHIP PROFILE」 一覧ページ

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ