客船ブレーメンの写真 2740L

● 北ドイツロイドライン 客船ブレーメンの写真 額入りジクレーアート
 ≪SS Bremen, Norddeutschen Lloyd≫


額縁・マットの色をプルダウンにてお選びください

客船ブレーメンの写真 2740L

価格:

7,832円 (税込)

額・マット:
購入数:

送料無料。お届けはご注文後約7日です。価格にはアートプリントとマット・額縁、全て含まれます


商品名 :客船ブレーメンの写真 2740L
作品名 :SS Bremen, Norddeutschen Lloyd
作者名 :anonymous
製作年 :1930s
額縁・マット : カマボコ型 12mm t=1.5mmx2枚ダブルマット 前面1.5mm厚クリアーガラス
          額縁とマット色をお選びいただけます
           ・黒艶消し額縁 X ブラウン/ライトベージュ・ダブルマット
           ・白ツヤ額縁 X ネイビー/ライトブルー・ダブルマット
額縁サイズ : 440mm x 365mm
作品サイズ : 335mm x 230mm (内側マット抜きサイズ、表側オーバーマット抜きは345 x 240mm)

・ フレームの詳細

額装色見本

・ ディスプレーイメージ : 大きさの参考にしていただくためのイメージ写真です

客船ブレーメンの写真 2740L、ディスプレーイメージ

・ 額入りジクレーアートについて

当商品は伊勢和紙に顔料インクを用いたレプリカジクレープリントを、日本製の額装材料にてアート額装したものです。作品に奥行きを持たせるダブルマット(濃淡二重のマット)仕様です。
三重県伊勢市の伊勢和紙は江戸期より伊勢神宮奉書紙として漉かれ、伊勢神宮ばかりでなく全国の神社の神宮大麻(お札)として使用されています。インクジェットアートプリントへの取り組みに意欲的で、伊勢和紙アートペーパーは阿波紙と並ぶ新たなアート材料として世界中の写真家やアーティストに使用されています。無酸性和紙に顔料インクを使用することによりシルクスクリーン、リトグラフ、オフセットプリントに比べ、格段に耐光性・保存性が良く、長期にわたって鑑賞に耐えます。表面テクスチャーはマーメード紙やキャンソン紙程度の強さを持ち、厚めに乗せた顔料によって深みのある風合いが楽しめます。
製作にあたってはデジタル撮影、またはスキャニングした画像データに経年保存による傷の補修、色あせや黄ばみは原画の表現を損なわない範囲で色調・彩度の可塑修正を施し、再度、作品ごとの印刷プロファイルを微調整して仕上げ、新たなアート作品としてお楽しみいただけます。


● 北ドイツロイドライン 客船ブレーメンの写真

意外にも、第一次大戦の戦禍から立ち直り、世界を驚かせる新時代の客船であるスーパーライナーを就役させたのはドイツでした。やや複雑な経緯をたどりますが、建造中であったために第一次大戦の賠償から外れた客船コロンバスは北ドイツロイド(NDL)にとっては虎の子で、その期待に違わず就役なったコロンバスの営業成績が絶好調だったため、このコロンバスとともに配船するためのランニングメイトと計画されたのが客船ブレーメンとオイローパでした。従って当初計画では、三船で急行線の定期航路を維持、二船は客船コロンバスと同性能、同じ3万トン客船でした。20世紀初頭のドイツ客船の大活躍を知る英国、大西洋横断自前主義で伸長著しいフランスの両国は、客船ブレーメンとオイローパの計画を察知すると、共に8万トン客船の建造を計画(後のノルマンディーとクイーンメリー)、この英仏の8万トン級客船計画を知ったドイツは、逆襲よろしく客船ブレーメンとオイローパの計画を一気に5万トン級へとスケールアップします。良くも悪くも、両船のドイツ経済の高成長維持と国威高揚に果たした役割は大きく、斬新な流線形の船容と北大西洋最速の栄誉を得て、22年ぶりのブルーリボン客船にドイツは湧き立ちました。後にイタリアのレックスに最速船の称号を奪われ、ノルマンディーとクイーンメリーが桁外れな性能を発揮すると、ブレーメンとオイローパの機関換装が計画され、さらに新船ビクトリアも計画されました。これは実現には至らなかったものの、当時のドイツの国家主義とこれを裏付ける(米資本投下によるところが大きいものの)経済力、工業技術力は今日の想像以上のものでした

・ 雑感

第二次大戦開戦時の客船ブレーメンのニューヨーク脱出は今日も客船史の語り草となる出来事でした。1939年8月28日、客船ブレーメンは朝の満潮の潮に乗ってニューヨークのチェルシー埠頭86番桟橋に接岸しました。開戦不可避の状況の中、ブレーメンには「急遽帰国」の指令が本国から伝えられます。ブレーメンは入港から丸一日を待たず29日0時過ぎの出港を図りますが、開戦と当時にブレーメンの拿捕を目論む英国はニューヨーク港湾局に圧力をかけ、FBIによる禁制品捜索、検査局による救命ボート訓練といった名目でブレーメンの出港を差し止めました。そして、 48時間のニューヨーク港湾局差し止め期限が切れた31日0時05分、500人のクルーが舷側でドイチュラント・ユーバー・アレス(ドイツ国歌)を合唱する中ブレーメンは出港しました。この時、ニューヨーク港外、アンブローズ水道出口には英国巡洋艦エグゼターがブレーメンを拿捕するために待ち構えていました。事を察知していたブレーメンは・・・アンブローズ水道出口手前で灯火を全て消灯、舵を陸側に大きく切って遁走に入ります。アンブローズ水道の陸側は水深15mほど、ハドソン川が運ぶ砂泥によって7mから12mの浅瀬も点在します。ここを喫水10.5mのブレーメンは全速力で駆け抜けました。座礁でも、砂泥上で船底が接触した程度であれば全速力で抜けることができる可能性が高いからです。レーダーの無かった当時、夜間無灯火の船を発見するのは困難で、エグゼターはまんまとブレーメンを取り逃しました。その後もブレーメンは通常の大西洋横断航路をとらず北行、スカンディナビア半島を迂回して9月6日、中立国・ソ連のムルマンスクに入港します。しばらく滞在の後、ソ連の旗を掲げて母港のブレマーハフェンにたどり着くのは12月のことでした。こうして死守された世界初のスーパライナー・客船ブレーメンながら、戦時中は係留され続けるのみで、終戦時には自爆・爆沈で悲運の最期を遂げることとなりました (T.O.)

【Maritime Gallery Ocean-Note】


● ジクレーアートプリント・客船の写真L 「SHIP PROFILE」 INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

客船ジャーマニックの写真 2723L 客船シティ・オブ・ベルリンの写真 2724L 客船ブリタニックの写真 2725L 客船アラスカの写真 2726L 客船シティ・オブ・パリの写真 2727L 客船マジェスティックの写真 2728L 客船チュートニックの写真 2729L 客船シティ・オブ・ニューヨークの写真 2730L 客船カンパニアの写真 2731L 客船ルカニアの写真 2732L 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・クローゼの写真 2733L 客船ドイチェラントの写真 2734L 客船クロムプリンツ・ウィルヘルムの写真 2735L 客船カイザー・ウィルヘルム・2世の写真 2736L 客船ルシタニアの写真 2737L 客船モーレタニアの写真 2738L 客船タイタニックの写真 2493L 客船アキタニアの写真 2739L 客船マロロの写真 2503L 日本郵船・氷川丸の写真 2507L 日本郵船・氷川丸の写真 2491L 日本郵船・浅間丸の写真 2492L 日本郵船・秩父丸の写真 2498L 客船ブレーメンの写真 2740L 客船オイローパの写真 2741L 客船レックスの写真 2742L 客船コンテ・ディ・サヴォアの写真 2743L 客船ノルマンディーの写真 2489L 客船クイーンメリーの写真 2744L 日本郵船・新田丸の写真 2490L 客船クイーンエリザベスの写真 2153L 客船ユナイテッドステーツの写真 2488L 客船フランスの写真 2487L 客船クイーンエリザベス2の写真 2745L 客船クイーンメリー2の写真 2746L

ジクレーアートプリント・客船の写真L 「SHIP PROFILE」 一覧ページ

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ