ヴィンテージアドバタイジングポスター "Cunard Caronia, Maiden Voyage"

海のポスター : 額装ヴィンテージアド "Cunard Caronia, Maiden Voyage"


客船の雑誌広告、オリジナルヴィンテージアドバタイジングを保存額装。この商品はアメリカ、ヨーロッパの古い雑誌のオリジナルの広告ページを美術額装したものです。

ヴィンテージアドバタイジングポスター "Cunard Caronia, Maiden Voyage"

価格:

6,900円 (税込)

購入数:

アートポスターのディスプレーイメージ


ヴィンテージアドバタイジングポスター


ヴィンテージアドポスターの解説


1949年、キュナードライン、客船カロニアの雑誌広告です。
第二次大戦後、キュナードの大西洋航路には3隻の客船がありました。クィーンメリー、クィーンエリザベス、モーレタニア(1939年就航の2代目)です。通常、定期航路の客船は2隻ないし3隻で定期スケジュールを組みますが、28ノット超のクィーンズに対してモーレタニアは速度が合わず、キュナードはモーレタニアとペアを組むカロニアの建造に踏み切りました。34000トン、22ノット(1912年の有名なタイタニックと同じ速度)、そしてキュナードの客船としては初めての定期航路とクルーズ、二役を明確にして建造された客船でした。クルーズ用途に合わせデッキにはプールが設けられ、全室にバスルームが設置されます。しかし、カロニアを未だに強く印象付けるのはその外観、残念ながらこの広告では薄いグレーにしか表現されませんが、船体は緑色に塗装されていました。上部に行くにつれ緑が薄くなる美しい外観から、”Green Goddesses=緑の女神”の愛称が付けられました。
就航後10年間は、大西洋定期航路で活躍しましたが、航空機時代の到来で旅客が減っていったため、1960年からはクルーズ客船として運行されることになります。そして、日本でも御馴染み、カロニアは春を告げる客船でした。遡ること1954年から12年間、春季世界一周クルーズで、毎年横浜に寄港、カロニアは春を告げる客船として日本でも有名になります。そして1958年、横浜港内で事故を起こします。大桟橋を離岸して出港するときに、カロニアはアメリカ海軍の軍艦と衝突しそうになり、これを交わそうとして現在の新山下埠頭のあたりに突き出ていた東突堤に衝突、先端の横浜港白灯台をなぎ倒してしまいます。(白灯台は海中から引き上げられ修理復元されますが、突堤自体が新山下埠頭整備のため改造され、外された白灯台は氷川丸の横に保存されています。普段、何気なく見ていますが、白灯台、赤灯台ともに明治期に立てられた貴重な灯台で、大桟橋沖に見える現役の赤灯台は保存灯台にも指定されています)カロニア自身も大きなダメージを受け、アメリカ海軍の軍艦との衝突を避けた事故であったため、アメリカ海軍の計らいで、横須賀に回航、アメリカ海軍横須賀基地のドックで修理されることになります。
この広告は1949年1月4日、サウサンプトンを出港、ニューヨークへ向うカロニアの処女航海の予告の広告です。日本でも御馴染みだった客船の処女航海の広告、懐かしく感じるかたも多い特別の一枚です。


ヴィンテージアドポスターの仕様


作品名 :Cunard Caronia, Maiden Voyage
作者名 :
製作年 :1948
広告主 :Cunard
額縁の仕様 : 黒カマボコ 12mm、前面1.5mm厚クリアーガラス
マットの仕様 : オーバーマット=1.5mmアンティークホワイト、バックマット=1.5mmクリーム(無酸性) 額縁サイズ : 365mm x 440mm
作品サイズ : 240mm x 315mm (マット抜きサイズ)
コンディション : 経年変化、黄バミ

ヴィンテージアドポスターについて


1920年代から1970年代までのアメリカ、ヨーロッパの雑誌広告を額装しました。現在のところ、雑誌のヴィンテージアドバタイジングは、決して高価な美術品の扱いを受けているわけではありませんが、資料的な価値は将来計り知れないものになります。現在の市場価格が高価でない一方、”二度と手に入らない”ものとお考え頂いた方が賢明だからです。本商品を企画するにあたり、いわゆる”裏打ち=表装”も考えましたが、資料としての二次利用の可能性を考え、保存性と可塑性と鑑賞を両立させるため、ヴィンテージアドには手を加えずに額装しました。
・バックマットとオーバーマットは無酸性です。ヴィンテージアドは基本的にインク定着のため酸性の紙質を持ち、将来的な長期の保存に難点がありますが、無酸性のマットと接することにより、中和され保存性の向上が期待できます。
・ヴィンテージアドは直接バックマットに貼らず、和紙(カクイチ製天山)のコーナーで上下を挟んだ上で、無酸性粘着テープ(MUSE和紙アーチストテープ)でバックマットに固定します。
・数十年前のヴィンテージアドそのものです。多少のシミ、汚れ、痛みがあることを事前にご了承下さい。また、紙質によっては裏側の印刷が透けて見えるものもあります。商品写真は一切、そのような痛みを隠すための修正はしておりませんので、ご購入前に十分ご検討下さい。通常の経年変化以上に目だった欠点は商品説明コンディションの項にお断りしてあります。
・ヴィンテージアドは、将来、他の目的のために額装を外すことが容易です。
・飾る際には、直接日光が当たる場所や、極端に多湿な環境は避けて下さい。
・大変貴重な資料です。ご購入後、万が一不要になった際は、決して廃棄せず、当店にご一報下さい。
ヴィンテージアドポスターの額装手順は以下の写真の通りです。
アドポスター額装


ポスターのフレーム(額縁)詳細


ポスター 額縁 JB-FC


ヴィンテージアドポスター 詳細




※著作権保護のため透かしを入れていますが、実際のヴィンテージアドポスターには入っていません
ヴィンテージアドバタイジングポスター

海のポスター・海の写真集 ”オーシャンノート” トップへ


ページトップへ