客船のインテリアアートポスター "The Taitanic Sinks"

海 ポスター : ニューヨークタイメムス”タイタニック沈没”


史上、最も有名なスクープ記事のひとつ、1912年4月16日のニューヨークタイムスのタイタニック沈没記事のフレームアートです

客船のインテリアアートポスター "The Taitanic Sinks"

価格:

6,100円 (税込)

購入数:



アートポスターのディスプレーイメージ


客船のドキュメントポスター


ポスターの解説


ニューヨークタイムズは1851年、ニューヨークトリビューン紙に対抗する形で創刊、高級紙を自認しますが、リベラルな論調は当時のアメリカで受け入れられるに至らず20世紀初めには低迷しており、一流紙とはいえませんでした。タイタニックは、言うまでもなく当時世界最大の客船でしたが、大西洋ニューファンドランド沖600キロの地点で氷山と衝突して沈みます。1912年当時まだ無線技術が実用の緒についたばかりでしたが、タイタニックからの救難信号はいくつかの大西洋を往く船、そして灯台の無線局でも受電されます。このうちニューファンドランド島南東端のケープレース灯台で受けた電文が歴史的なスクープ記事を生み出します。4月15日、タイタニック救難信号打電の情報はほどなくニューヨークへ伝わります。ニューヨークタイムズの編集長カー・ヴァン・アンダは4月15日未明、16日の紙面の編集を終え印刷所への手配も済ませたところでした。そこへ入ってきたタイタニック救難信号打電の情報・・・続いて救命ボートに乗った乗客が救助を待っている・・・これをとてつもない重大なニュースと考えたのはニューヨーク中の編集者の中でヴァナンダ唯一人でした。ヴァン・アンダは16日のニューヨークタイムズのトップ記事を”タイタニック氷山と衝突、4時間後に沈没、866名が救助、1250名が死亡、イズメイは無事・・・”というスクープ記事に差し替えたのです。この記事に衝撃が走りました。救助された乗員乗客がニューヨークに着いたのは翌17日のこと、16日はスクープ記事を巡って騒然、ホワイトスター社は記事を否定して「乗客乗員は無事救助されニューヨークに向っている」とのコメントを発表しますが、ニョーヨークタイムズは記事を撤回しませんでした。そして17日、全てが明らかになると、真実を迅速に伝え、歴史的スクープを成し遂げたニューヨークタイムズの評価は急激に上がります。以後、ニューヨークタイムズ紙はアメリカを代表する一流紙となってゆくことになりました。1912年4月16日のニューヨークタイムズのタイタニック沈没記事紙面を大判のカードに仕立てたプリントをアート額装したものです。


フレーム入りポスターの仕様


作品名 :The Titanic sinks, New York Tims ニューヨークタイムス、タイタニック沈没記事
作者名 :New York Times
製作年 :1912
出版元 :The Ludlow Collection
印刷国 :U.S.A.
額縁・マット : 白カマボコ 12mm、ダークブルーマット、前面1.5mm厚クリアーガラス
額縁サイズ : 365mm x 440mm
作品サイズ : 260mm x 350mm (マット抜きサイズ)

ポスターの作者について





ポスターのフレーム(額縁)詳細


ポスター額縁詳細


ポスター 詳細


※著作権保護のため透かしを入れていますが、実際のポスターには入っていません
客船のドキュメントポスター


海のポスター・海の写真集 ”オーシャンノート” トップへ

ページトップへ