ヨットのインテリアアートポスター "M-Boats"

海 ポスター : 1930年代のロングアイランド沖、美しいセーリングシーン

まるで古典的な名画を見るような、ヒールして走るヨットの優雅なポスターです。1930年代、ニューヨーカーの憧れ、ロングアイランドの海が最も華やかだった時代かもしれません

ヨットのインテリアアートポスター "M-Boats"

価格:

11,800円 (税込)

購入数:

アートポスターのディスプレーイメージ

ヨットの写真ポスター 

ポスターの解説

120フィートを超えるJクラスヨットほどではありませんが、80フィートの外洋クルーザー、Mクラスヨットもまた旧き良き時代のビッグボートです。1930年代はガフリグは古いものになり、天を突くようなバミューダマストを備えたビッグボートが次々と建造されます。リードしているのは、スターリング・バージス設計の80.5フィートのヨット、プレステージ、追うのは同じMクラスのウィンドワードです。ロングアイランドの海、グレン岬沖で1935年に撮影された写真のポスターです。

フレーム入りポスターの仕様

作品名 :M-Boats Mボート
作者名 :Rosenfeld Collection ローゼンフェルドコレクション
製作年 :1935
出版元 :Mystic Seaport Musiumn
印刷国 :U.S.A.
額縁・マット : 黒カマボコ 12mm、ライトブルーサンド柄マット、前面1.5mm厚クリアーガラス
額縁サイズ : 440mm x 560mm
作品サイズ : 340mm x 460mm (マット抜きサイズ)

ポスターの作者について

モーリス・ローゼンフェルドは1885年オーストリアに生まれ、一家はアメリカに渡りニューヨークで育ちました。彼は写真家の道を選び、当時アメリカで最も成功していた海の写真家のひとりであったエドウィン・レビックの下で働きます。独立して自らのスタジオを持ったのは1910年、海の商業写真の仕事は順調で、モーリスの3人の息子たちは次々と父の仕事に参加することとなります。1929年、そのキャリアの頂点でエドウィン・レビックが急逝しました。レビックはアメリカズカップのオフィシャルフォトグラファーでしたが、1930年のレースではレビックの急逝を受けて、ローゼンフェルド達も撮影に参加しました。以後、ローゼンフェルド家はアメリカで並ぶべきものが無い存在としてアメリカズカップをはじめとするアメリカの海のシーンを撮り続けました。1968年、モーリス・ローゼンフェルドは亡くなり、それ以降も有名な”Flying Spinekers"や"Once in a Lifetime"を撮ったスタンレーを中心にビジネスは続けられましたが、1984年100万枚にも上る膨大なネガ・フィルムは、コネチカット州のミスティックシポートミュージアムに売却されました。1983年、永遠と思われていたアメリカスカップの防衛に敗れカップがオーストラリアに渡ったことや、アメリカズカップが変貌しスポンサーのロゴが大きく描かれるヨットの写真を撮ることに意義を見出せなかったのだといわれます。2002年スタンレー・ローゼンフェルドはマイアミの自宅で永眠しました。ローゼンフェルド家の作品は、写真集"Sail & Sailing"(重版未定、市場在庫のみ)、"A Century Under Sail"(スタンレー自身による編集)、"Sleek"に見ることができます。

ポスターのフレーム(額縁)詳細

ポスター額縁詳細

ポスター 詳細

※著作権保護のため透かしを入れていますが、実際のポスターには入っていません
Mクラスヨットの写真

海のポスター・海の写真集 ”オーシャンノート” トップへ

ページトップへ