1897年 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図 2694XL

● 1897年 北ドイツロイドライン 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図 精密レプリカ額入りジクレーアート
 ≪Kaiser Wilhelm der Große, DINGLERS POLYTECNISCHES JOURNAL 1900≫


額縁・マットの色をプルダウンにてお選びください

1897年 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図 2694XL

価格:

11,894円 (税込)

額・マット:
購入数:

送料無料。お届けはご注文後約7日です。価格にはアートプリントとマット・額縁、全て含まれます


商品名 :1897年 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図 2694XL
作品名 :Kaiser Wilhelm der Große, DINGLERS POLYTECNISCHES JOURNAL 1900
作者名 :AG Vulcan Stettin (引用掲載DINGLERS POLYTECNISCHES JOURNAL)
製作年 :1897年頃 (引用掲載1900年1月)
額縁・マット : カマボコ型 12mm t=1.5mmx2枚ダブルマット 前面1.5mm厚クリアーガラス
          額縁とマット色をお選びいただけます
           ・黒艶消し額縁 X ブラウン/ライトベージュ・ダブルマット
           ・白ツヤ額縁 X ネイビー/ライトブルー・ダブルマット
額縁サイズ : 440mm x 560mm
作品サイズ : 312mm x 468mm (内側マット抜きサイズ、表側オーバーマット抜きは322 x 478mm)

・ フレームの詳細

額装色見本

・ ディスプレーイメージ : 大きさの参考にしていただくためのイメージ写真です

1897年 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図 2694XL、ディスプレーイメージ

・ 詳細 : 透かしは実際のアートプリントには入っていません

Kaiser Wilhelm der Große, DINGLERS POLYTECNISCHES JOURNAL 1900、詳細

・ 額入りジクレーアートについて

当商品は伊勢和紙に顔料インクを用いたレプリカジクレープリントを、日本製の額装材料にてアート額装したものです。作品に奥行きを持たせるダブルマット(濃淡二重のマット)仕様です。
三重県伊勢市の伊勢和紙は江戸期より伊勢神宮奉書紙として漉かれ、伊勢神宮ばかりでなく全国の神社の神宮大麻(お札)として使用されています。インクジェットアートプリントへの取り組みに意欲的で、伊勢和紙アートペーパーは阿波紙と並ぶ新たなアート材料として世界中の写真家やアーティストに使用されています。無酸性和紙に顔料インクを使用することによりシルクスクリーン、リトグラフ、オフセットプリントに比べ、格段に耐光性・保存性が良く、長期にわたって鑑賞に耐えます。表面テクスチャーはマーメード紙やキャンソン紙程度の強さを持ち、厚めに乗せた顔料によって深みのある風合いが楽しめます。
製作にあたってはデジタル撮影、またはスキャニングした画像データに経年保存による傷の補修、色あせや黄ばみは原画の表現を損なわない範囲で色調・彩度の可塑修正を施し、再度、作品ごとの印刷プロファイルを微調整して仕上げ、新たなアート作品としてお楽しみいただけます。


● 北ドイツロイドライン 客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図

客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図(デッキプラン・図面)です。
海外進出を目論む皇帝ヴィルヘルム2世の意を汲んで、商船を含む英独間の建艦競争は激化しますが、北大西洋航路では北ドイツロイドとハンブルグアメリカラインの二大海運会社が英国勢に対抗しうる高速大型客船の建造に取り組みます。計画から就役まで、19世紀末であったとはいえ実に8年もの期間を経て完成したのがカイザー・ヴィルヘルム・デア・グロッセ(略KWDG、偉大なるヴィルヘルム帝=ヴィルヘルム1世のことをさす)でした。KWDGは、1892年に就役したキュナードラインのカンパニアを凌駕する客船として計画され(設計段階ではヴィルヘルム2世自らも、打ち合わせに参画したと伝わる)、全長200m、14000トン、22ノットを誇りました。仮想巡洋艦への転用が考慮され、防水区画の都合上2本ファンネルX2、合計4本のファンネルを持ち、以後1910年代まで一世を風靡することになる4本ファンネルの先駆けとなりました。営業成績は素晴らしく、KWDG就役翌年には北ドイツロイドの北大西洋旅客実績は倍増、北ドイツロイドのシェアは一気に北大西洋航路旅客の25%近くに達しました。
この成功に自信を得た北ドイツロイドは、1900年にはクロンプリンツ・ヴィルヘルム(ヴィルヘルム皇太子)、1903年にはカイザー・ヴィルヘルム II(皇帝ヴィルヘルム2世)、1906年にはクロンプリンツェシン・セシリー(皇太子妃殿下セシリー)と矢継ぎ早に4本ファンネルの高速大型客船を建造しました。この4隻体制の北大西洋定期航路は英国勢より一頭地抜きん出たもので、遂には英独間の北大西洋旅客実績を逆転させるに至りました。KWDGは、当時、英国独占の感が強かった大西洋横断最速記録=ブルーリボンをドイツにもたらし、1900年には同じドイツの客船ドイチェラント(ハンブルグアメリカライン)、1903年には再び北ドイツロイドのカイザー・ヴィルヘルム II・・・10年に渡ってブルーリボンをドイツ客船が保持することになりました 。
船舶設計に大きな進歩をもたらし客船史に大きな足跡を残したKWDGながら、一方では待遇が決して良くなかった大量のスティアリッジ客による乗客純増が営業成績を支えた側面も強く、北大西洋横断客船の3等、スティアリッジ乗船客の待遇改善(特に1911年以降のオリンピック・タイタニックは画期的でした)へと時代を前進させるきっかけともなりました。一般配置図に見られる船首近辺の船倉は、往路は粗末な折りたたみベッドのスティアリッジ客室、復路は貨物艙として使われたスペースです

・ 雑感

海運史に燦然と輝く4本ファンネルのドイツ客船の活躍ながら、良質の写真や資料に乏しい現実があります。第一次大戦で実際に仮装巡洋艦や病院船として転用され、その後敗戦による沈没や接収といった運命から、多分に国家機密の色合いを帯び、そもそもの史料が乏しいと推測されます。断片的な機関回りの図面を除き造船所出図の史料は殆ど伝わりません。このカイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図も当時のドイツの技術雑誌(紀要)に掲載されたものです (T.O.)

【Maritime Gallery Ocean-Note】


● ジクレーアートプリント・客船一般配置図 (デッキプラン図面) XL INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

客船カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセの一般配置図、額入りアートポスター 2694XL 客船モーレタニアの一般配置図、額入りアートポスター 2479XL 客船ルシタニアの一般配置図、額入りアートポスター 2701XL 客船タイタニックの一般配置図、額入りアートポスター 2480XL 客船アキタニアの一般配置図、額入りアートポスター 2702XL 日本郵船・浅間丸の一般配置図、額入りアートポスター 2696XL 日本郵船・氷川丸の一般配置図、額入りアートポスター 2695XL 客船コンテ・ディ・サヴォアの一般配置図、額入りアートポスター 2703XL 客船ノルマンディーの一般配置図、額入りアートポスター 2478XL 客船クイーンメリーの一般配置図、額入りアートポスター 2477XL 日本郵船・新田丸の一般配置図、額入りアートポスター 2697XL 日本郵船・橿原丸の一般配置図、額入りアートポスター 2698XL 客船ユナイテッドステーツの一般配置図、額入りアートポスター 2693XL 客船キャンベラの一般配置図、額入りアートポスター 2699XL 客船フランスの一般配置図、額入りアートポスター 2700XL 客船クイーンエリザベス2の一般配置図、額入りアートポスター 2705XL 客船クイーンメリー2の一般配置図、額入りアートポスター 2476XL

ジクレープリント・客船一般配置図 (デッキプラン図面) XL 一覧ページ

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】