ダラー・535型客船の ポストカード

“Dollar Line 535 Type Liner” ポストカード5種セット(送料無料)

ダラー・535型客船の ポストカード

価格:

500円 (税込)

購入数: セット

上のサムネイル画像のポストカードセットです。サムネイルにポインタを乗せて表示、「拡大表示」クリックで拡大表示されます

  • p2466・・・ダラーラインの世界一周航路のうち地中海−ニューヨーク線に投入された535型客船のポスター。1920年前後
  • p2834・・・1920年前後、パシフィックメールの終焉期のポスター。535型を建造した米船舶院(PMはリース運航だったので米船舶院は当時のPMの535型5隻の船主にもあたる)の名称も明記されています
  • p2758・・・傘下のAMLとダラーラインのダブルネームのポスター。作者特定できないもののR・S・パイク・ドーランドの作風に感じられます
  • p2835・・・ダラー傘下のAMLのポスター。「JAPAN」のコピーも鮮やかですが、下部の船のシルエットが甚だ怪しいのはご愛嬌です。1920年頃
  • p2777・・・作者不詳。アールデコといえばこれほどのアールデコ的なものも珍しいポスター1930年頃

1916年に設置された米船舶院(1934年以降は米海事委員会へ移管)は、世界一の工業生産力を持った米国が、これに見合う船質の商船を大量に「生産」する「システム」を目的のひとつとして持っていました。1919年から建造が始まった535型標準船は、第一次大戦末期から計画が進んでいた輸送船で、大戦終了とともに貨客船へと性質を軌道修正して建造されました。その数17隻に及びます。全長160m強、1500トン弱、蒸気タービン二基二軸で16ノットの航海速力を持ちました。西海岸のロバート・ダラー、社歴末期でグレースライン傘下にあったパシフィックメールが、この535型を運航(PMはリース)していましたが、1923年にPM運航の535型の払下げが決まり、PMは事業解散、PM運航の5隻の535型はダラーラインが落札して、パシフィックメールの名はここに消えました。ダラーは傘下にアメリカン・メールラインを置き、17隻の535型客船で世界一周航路と太平洋航路の二本立てで1920年代の太平洋で独占的地位を誇りました。1938年にダラーラインが破綻(新鋭船の座礁損失が原因)して、新たに米海事委員会主導でアメリカンプレジデントラインズ(APL)が発足しますが、APL伝統の船名「プレジデント○×○×○」はダラーラインが始めた船名でした


○ オーシャンノートオリジナルポストカードについて

当ポストカードは、ヴィンテージポスターの画像データをポストカード用にレイアウトした精密レプリカです。元となるヴィンテージポスターには破れや傷み、退色やヤケがあるものが多く、折れや破れなどの傷み部分は画像修正し、質感を損なわない程度に色相・彩度、明度等を調整し発表当時のポスターの再現につとめています。プリントはオンデマンドアートプリント、通常のデジタルプリントとは違って水ににじまず、実際のポストカードとしても使用できます。
通常の屋内環境で30年から40年以上は鑑賞に堪え得る保存が可能なので、資料収集向けにも適しています

○ ベースペーパーとプリント

紙:0.27mm厚、特注カットアート紙(参考:官製はがき t=0.22mm)
寸法:148mmx100mm(裏面に淡グレー色で“POSTCARD”表記、郵便番号枠無し。郵便ハガキとして使用できます)
印刷:オンデマンド、ピグメント(顔料)インク、屋内30年以上保存鑑賞可
ベースペーパーは官製インクジェットはがきより、やや白色度高めです

○ 商品のお届けとお支払いについて
  • ポストカードシリーズは、普通郵便もしくは日本郵便クリックポスト(原則ポストカードセットで複数ご注文)にて御宅郵便受け投函でのお届けとなります
  • 他の商品も合わせ、合計5000円未満のご購入では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済の3通り、ヤマト運輸代金引換はご利用できません。(システム上、ご購入画面に銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済しか表示されません)
  • 合計5000円以上のご注文では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済に加え、ヤマト運輸代金引換もご利用できます。324円の代引き手数料が代金に加算されますが、ヤマト運輸宅急便扱いとなります
  • 額装アート商品と併せてご購入の場合は、ヤマト運輸宅急便でのお届けとなります

ご不明な点はお問い合わせください

 category


● ダラーライン・535型客船のポスター、雑感

535型客船はパシフィックメール、ダラーライン、アメリカンプレジデントラインの三代三社に渡って太平洋航路で運航され、1920年代には太平洋航路で大きなシェアを誇りました。アメリカらしい物量作戦が感じられる手法で、同型船の大量投入による絶え間ない定期運航は大西洋航路に比して二周遅れ程に見えた太平洋航路の船質向上(イコール、競争激化)に火をつけることになりました (T.O.)

● 太平洋航路客船(APL,CPL,MATSON)ポストカード INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

マトソンライン・客船マリポサ級のポスター(戦後) ポストカード APL・客船プレジデント・フーバーのポスター ポストカード APL・客船プレジデント・ジャクソンのポスター ポストカード APL・客船プレジデント・ウィルソンのポスター ポストカード APL・客船プレジデント・クリーブランドのポスター ポストカード APL・客船レジデント・モンローのポスター ポストカード マトソンライン・客船マリポサ級のポスター(戦前) ポストカード カナディアンパシフィック・客船エンプレス・オブ・ジャパンのポスター ポストカード ダラーライン・535型客船のポスター ポストカード カナディアンパシフィック・エンプレス・オブ・ラシア級客船のポスター ポストカード

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ