日本郵船・新田丸、八幡丸、春日丸の ポストカード

“NYK Line M.S.Nitta Maru Class” ポストカード4種セット(送料無料)

日本郵船・新田丸、八幡丸、春日丸の ポストカード

価格:

400円 (税込)

購入数: セット

上のサムネイル画像のポストカードセットです。サムネイルにポインタを乗せて表示、「拡大表示」クリックで拡大表示されます

  • p2715・・・1940年、新田丸級三姉妹客船のポスター。太平洋戦争を間近に控え、どことなくプロパガンダ色が否めない図案です
  • p2064b・・・1940年、小磯良平による有名な新田丸級三姉妹客船のポスター。西洋画の巨匠である小磯良平ながら背景には和風の金屏風、描かれた女性は純和装(ちなみに左右のモデルは同一人物で小磯の弟夫人、右は小磯の姪)と、まるでかつての美人画を思わせる図案です。小磯良平は1938年には従軍画家として活躍、復員後も自身の創作活動が軍部より干渉を受けないために戦争画を描きました。小磯自身の作品録からは戦争画の記録は削除され、本人曰く「戦争画を描いたことを後悔している」由。日本郵船は好むと好まざると関わらず国防、戦争遂行の一翼を担う存在であり、当時、当局からも厳しい干渉を受けていたと考えられます。日本郵船のポスターの中で高い芸術的評価を得る作品ながら、戦争協力をした小磯を起用し、プロパガンダ色を出さずにギリギリの線で制作されたポスターだったと考えられます。オリジナルは凸版印刷社製(小磯良平, 1903-1988)
  • p2716・・・1940年、新田丸級客船、八幡丸のポスター。作者不詳。新田丸級三姉妹船は一番船新田丸、二番船八幡丸が1940年に完成するものの、すでに1939年には第二次大戦が勃発しており、当時の第三国船とはいえ、実際に1939年9月にはロンドン港近くのテームズ川で照国丸を触雷で失っており、就役予定の欧州線には投入せず1940年8月、太平洋サンフランシスコ線へ臨時配船しました。オリジナルは凸版印刷社製
  • p3018・・・里見宗次によるポスター。1941年にNYKトリオの就役に向けてデザインされたものと言われ、プロパガンダ色の強いものとなっています。実際に1941年にポスターが制作されたか否かは確かなことが判っていませんが、少なくともそれが日本の市中で使用された形跡はありません。このポスター自体は、経緯は不明ながら、里見宗次自身によって懐古的な意図で1970年代に描かれたものです(里見宗次, 1904-1996)

ワシントン軍縮条約が1936年で失効すると、列強は一斉に艦隊整備に乗り出します。これに引っ張られるように、有事の際の軍艦転用を考慮した商船の船質改善が海軍や逓信省内で取りざたされ、優秀船舶建造助成施設制度を実施することによって大型高速客船の建造が各船会社に打診されます。日本郵船では欧州線用の新田丸級三隻、新田丸、八幡丸、春日丸の建造を開始しました。空母への転用を考慮し、日本の客船が得意としていたディーゼル機関を採用せずタービン直結(燃料や整備、航空機離陸時のオーバーフローなどタービン船の方が海軍には有用でした)、船容とコンセプトはドイツの貨客船、シャルンホルスト型を真似たといわれています。戦雲は急で、欧州線の照国丸がテームズ川で触雷沈没したため、新造船の投入は見送られ、新田丸と八幡丸はサンフランシスコ線へ就航、第三船の春日丸は竣工前に海軍に徴収され客船としては完成しませんでした。追って、優秀船舶建造助成施設によって、サンフランシスコ線に橿原丸級二隻の建造も開始されましたが、これも竣工前に徴収され客船としては就役できず、新田丸と八幡丸は1991年に客船飛鳥が就役するまで日本郵船の最後の新造大型客船でした


○ オーシャンノートオリジナルポストカードについて

当ポストカードは、ヴィンテージポスターの画像データをポストカード用にレイアウトした精密レプリカです。元となるヴィンテージポスターには破れや傷み、退色やヤケがあるものが多く、折れや破れなどの傷み部分は画像修正し、質感を損なわない程度に色相・彩度、明度等を調整し発表当時のポスターの再現につとめています。プリントはオンデマンドアートプリント、通常のデジタルプリントとは違って水ににじまず、実際のポストカードとしても使用できます。
通常の屋内環境で30年から40年以上は鑑賞に堪え得る保存が可能なので、資料収集向けにも適しています

○ ベースペーパーとプリント

紙:0.27mm厚、特注カットアート紙(参考:官製はがき t=0.22mm)
寸法:148mmx100mm(裏面に淡グレー色で“POSTCARD”表記、郵便番号枠無し。郵便ハガキとして使用できます)
印刷:オンデマンド、ピグメント(顔料)インク、屋内30年以上保存鑑賞可
ベースペーパーは官製インクジェットはがきより、やや白色度高めです

○ 商品のお届けとお支払いについて
  • ポストカードシリーズは、普通郵便もしくは日本郵便クリックポスト(原則ポストカードセットで複数ご注文)にて御宅郵便受け投函でのお届けとなります
  • 他の商品も合わせ、合計5000円未満のご購入では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済の3通り、ヤマト運輸代金引換はご利用できません。(システム上、ご購入画面に銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済しか表示されません)
  • 合計5000円以上のご注文では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済に加え、ヤマト運輸代金引換もご利用できます。324円の代引き手数料が代金に加算されますが、ヤマト運輸宅急便扱いとなります
  • 額装アート商品と併せてご購入の場合は、ヤマト運輸宅急便でのお届けとなります

ご不明な点はお問い合わせください

 category


● 日本郵船・新田丸級客船のポスター、雑感

日本郵船の戦前最後の客船となったのが新田丸、八幡丸でした。と言うより、日本郵船の最後の新造定期客船となってしまいました。大戦では戦後にシアトル線復帰を果たした氷川丸を除きすべての外航船を失い、定期客船は氷川丸を最後に姿を消したからです。インド洋を走る欧州線の客船として建造されたため、一等船室及び一等二等公室には当時では珍しい冷房が装備され、予定通り欧州線に就役すれば大いなる話題となったことでしょう。ドイツのシャルンホルスト級を意識したとされ、流線型のハウスは美しいものでした。不穏な世界情勢の中で就役した新田丸、八幡丸の宣伝活動を制作されたポスターから推し量るに、練りに練ったものではなく、どことなく急場しのぎ的な印象を免れないものがあります。1930年代半ばまでの充実した内容とは比べようもなく、これもまた貴重な歴史の足跡と言えます (T.O.)

● 日本郵船ポストカード INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

日本郵船・橿原丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・新田丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・照国丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・氷川丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・浅間丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・諏訪丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・香取丸級客船のポスター ポストカード 東洋汽船・天洋丸級客船のポスター ポストカード 日本郵船・賀茂丸級客船のポスター ポストカード

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】