客船プレジデント・クリーブランドのポストカード

“American President Lines S.S.President Cleveland” ポストカード6種セット(送料無料)

客船プレジデント・クリーブランドのポストカード

価格:

600円 (税込)

購入数: セット

上のサムネイル画像のポストカードセットです。サムネイルにポインタを乗せて表示、「拡大表示」クリックで拡大表示されます

  • p2059・・・マトソンラインのメニューカバーのデザインで有名なルイ・マックロードによるアメリカンプレジデントラインズのポスター。戦後、新造船プレジデントウィルソンとプレジデントクリーブランドを就役させた頃のポスター。但し、航路に上海が入っていないことから、上海寄港を組み込んだ、新船就役を予告して製作されたものではなく、上海を香港に変更した実際の就役後(1948年〜1950年あたり)に製作されたものと考えられます(Louis Macouillard, 1917-1987)
  • p3015・・・同じくルイ・マックロードによるアメリカンプレジデントラインズのポスター。最下部の「SERVING 50 PORTS ON 4 MAJOR TRADE ROUTES」のコピーは、後に制作される寄港地シリーズのポスターと同じで、寄港地シリーズのポスター制作に先立ってこのコピーが使用されたものと考えられます。大変に珍しくほとんど現存品がなく、近年になって北米で発見され、未だ資料書籍等に取り上げられていませんが、ルイ・マックロードの作画ということもあり、今後の貴重な史料となってゆことは明白です(Louis Macouillard, 1917-1987)
  • p2849・・・一連の寄港地シリーズのポスター。マニラ編はプレジデント・クリーブランド(またはウィルソン)が描かれています
  • p2837・・・日本の日常風景をイメージした珍しいポスター。殆ど発見されていない珍品です
  • p2838・・・サンフランシスコ、ゴールデンゲートブリッジをくぐるプレジデント・クリーブランド(またはウィルソン)のポスター
  • p2613・・・1962年頃の、プレジデントクリーブランドのポスター。この写真が撮影されたのは1961年、クリーブランドが停泊しているのは横浜大桟橋です。もともとは雑誌広告用に撮影された写真のようで、この写真と同じ位置からカメラやや引きでもう一枚の写真が撮られており、2種類の写真が1962年から1962年の雑誌広告で使用されています。大桟橋に2週間に一度、アメリカンイーグルのファンネルマークのAPL客船が停泊する風景は横浜の風物詩でした

1953年、時の皇太子殿下(今上陛下)が昭和天皇の名代としてエリザベス女王の戴冠式に出席、この時に横浜から旅立った陛下が乗船されたのがアメリカンプレジデントラインズ(APL)の客船プレジデントウィルソンでした。APLは、1867年にパシフィックメール社のサンフランシスコ・香港航路開設に遡り、以後ダラーライン時代を経て、1938年にAPLへ改組されました。戦前・大戦期のアメリカ商船は、法によって米国海事委員会による一括購入・建造方式がとられ、プレジデントウィルソンとプレジデントクリーブランドは、戦中にP2型貨客輸送船として建造された21隻のうち、終戦で未竣工のまま船台に残された2隻を改造して就役させた客船で、1947年から1948年にかけて太平洋航路に登場しました。APL客船の横浜入港は朝9時、ホノルル行きは16時、台湾行きは18時の出港でした。昔ながらの出港一時間前に長一声、30分前に二声、15前に三声の汽笛を鳴らし、プレジデントウィルソンとプレジデントクリーブランドの入出港は横浜、神戸、長崎の風物詩だったと伝わります。パシフィックメールから続いた100年以上に渡る米国客船太平洋定期航路は、航空機時代の到来で1972年の12月にプレジデントクリーブランドが横浜から最後の太平洋横断に出港して幕を閉じ、1971年から世界一周航路に転じたプレジデントウィルソンは73年1月の世界一周航路で運用を停止されます。客船運航は止めたものの、現在APLは、世界第4位のコンテナ船海運会社として活躍しています


○ オーシャンノートオリジナルポストカードについて

当ポストカードは、ヴィンテージポスターの画像データをポストカード用にレイアウトした精密レプリカです。元となるヴィンテージポスターには破れや傷み、退色やヤケがあるものが多く、折れや破れなどの傷み部分は画像修正し、質感を損なわない程度に色相・彩度、明度等を調整し発表当時のポスターの再現につとめています。プリントはオンデマンドアートプリント、通常のデジタルプリントとは違って水ににじまず、実際のポストカードとしても使用できます。
通常の屋内環境で30年から40年以上は鑑賞に堪え得る保存が可能なので、資料収集向けにも適しています

○ ベースペーパーとプリント

紙:0.27mm厚、特注カットアート紙(参考:官製はがき t=0.22mm)
寸法:148mmx100mm(裏面に淡グレー色で“POSTCARD”表記、郵便番号枠無し。郵便ハガキとして使用できます)
印刷:オンデマンド、ピグメント(顔料)インク、屋内30年以上保存鑑賞可
ベースペーパーは官製インクジェットはがきより、やや白色度高めです

○ 商品のお届けとお支払いについて
  • ポストカードシリーズは、普通郵便もしくは日本郵便クリックポスト(原則ポストカードセットで複数ご注文)にて御宅郵便受け投函でのお届けとなります
  • 他の商品も合わせ、合計5000円未満のご購入では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済の3通り、ヤマト運輸代金引換はご利用できません。(システム上、ご購入画面に銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済しか表示されません)
  • 合計5000円以上のご注文では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済に加え、ヤマト運輸代金引換もご利用できます。324円の代引き手数料が代金に加算されますが、ヤマト運輸宅急便扱いとなります
  • 額装アート商品と併せてご購入の場合は、ヤマト運輸宅急便でのお届けとなります

ご不明な点はお問い合わせください

 category


● APL・客船プレジデント・クリーブランドのポスター、雑感

戦後の日本に残った大型客船は氷川丸一隻のみ、カナディアンパシフィックは戦後の太平洋には戻って来ず、APL客船こそ豊かなアメリカの憧れでした。米国船らしく、豪華客船の趣こそ乏しかったと言われ、公室は将校クラブ、食事は高級な社食のようだったとも言われます。それがまた、アメリカらしさで良かったのだと聞きます・・・APL客船については、 客船ポスター四方海話巻九でも書きました (T.O.)

● 太平洋航路客船(APL,CPL,MATSON)ポストカード INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

マトソンライン・客船マリポサ級のポスター(戦後) ポストカード APL・客船プレジデント・フーバーのポスター ポストカード APL・客船プレジデント・ジャクソンのポスター ポストカード APL・客船プレジデント・ウィルソンのポスター ポストカード APL・客船プレジデント・クリーブランドのポスター ポストカード APL・客船レジデント・モンローのポスター ポストカード マトソンライン・客船マリポサ級のポスター(戦前) ポストカード カナディアンパシフィック・客船エンプレス・オブ・ジャパンのポスター ポストカード ダラーライン・535型客船のポスター ポストカード カナディアンパシフィック・エンプレス・オブ・ラシア級客船のポスター ポストカード

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ