11/27 雑誌クルーズに載る

雑誌クルーズ掲載:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

思えば、学校を出て就職したころは、まだ土曜日の休みは半分くらいで、繁忙期の2月から4月くらいは土曜日も仕事、週休二日になったのは26歳で転職してからだった。週休二日の是非はともかく、オーシャンノートはずっと水曜定休だけでやっているし、これでも経営者の端くれだから休みもへったくれもない。それでも、気力で水曜日の夕食だけは作るようにしている。昨日は「何を食べたい?」と家族の意見を募ると、突然「ピザぁ〜」と次女が言う。予想しないリクエストに悶々。ちょっと前までは、ピザとなれば小麦粉とイースト、塩の分量は直ぐに出てきたものだが、さすがに2年くらい作っていないと忘れる。あわてて料理書を引っ張りだして復習。生地を作るところまでは僕がやって、あとは娘達に任せてみたが、やはり6歳と4歳のコンビではピザは丸くはならなんだ。それでも、相変わらず、どこの店で食べるより、どこの宅配ピザより美味しい。本当は天火があればもっと美味しい。拙宅は電気オーブンだが、知人のお宅や女房の実家のガスオーブンだと、同じ300度でも全然違う。ガスだと3〜4分だが、電気だと倍くらいかかる。余った生地で娘達に粘土遊びよろしくフォカッチャ、グリッシーニもどきを作らせる。(これがまた美味)ちなみに生地は小麦粉300、水200cc、塩15g、イースト15g・・・これだけである。ソースなんか不要、固形分の多いトマト缶詰にモツアレッラ、僕はパルミジャーノをかけて焼く。

なんて休日が終わると、忘れていたクルーズの発売日。オーシャンノート、全国誌へ初登場である。今時、お金を使えばいくらでも雑誌掲載は叶うが、そんなものは長続きしない。ちなみに批判するわけではないが、雑誌の紙面の店やブランドの紹介は・・・大半がタイアップかパブ専門代行会社の手によるものだ。純記事は本当に少ない。そうでなきゃ、雑誌があんな値段で買える訳がない。冷静に考えれば判ることだ。僕自身、そういったことにも携わっていたので、インサイドの話は心得ている。オーシャンノートは・・・残念なことに、そんなお金を掛けられない。某海辺暮らしの雑誌、S生活で一声8万円なのである。そんなことより、仕入れであれこれ物色するが良し。しかし、このところ海外の取引先とトラブルが多く・・・彼らと来たら「気に入らなければ送り返せ・・・」と平気で言う。返品送料はこっち持ちだから凹む。そんなリスキーな日々、広告に掛けるお金は・・・ない。そんな中、取材して記事を書いてくださったクルーズ誌の編集長、市川さん、この場をお借りして御礼申し上げます。

そうそう、御礼といえば、この度、40年も続いているという横須賀市優良店舗表彰を受けることになった。ありがたくも、来月、蒲谷横須賀市長が来店され表彰状と記念品を下さるとのこと。ご推薦くださった今関さん、審査の市役所経済部ご一同様、この場を借りて御礼申し上げます。(2008,11,27)

2008 blog

ページトップへ