12/24 市川真澄さん

この2日ばかり、流木をアレンジしたフラワーベースの製作に熱中してしまった。僕の記憶が確かなら、今では誰でもやっている、試験管をフラワーベースに利用したのは、倉俣史朗さんが最初ではなかったかと思っているのだが、(違っていたらごめんなさい)夜、夢の中で思いついて、流木に試験管を差したら面白しろそうで、早速コルソーを買ってきて挑戦。こいつが意外に難しい・・・。まず、流木の底を平らにするのに難儀、大体平らにはなっても、ガタつかないようにするのは至難の業。そして問題のコルソーの穴あけ。旋盤ではあるまいし、ハンドドリルで底と直交の穴を空けるなんざあ・・・不可能である。それに試験管というもの、微妙に一本ずつ太さが違う・・・。流木からまっすぐに何本かの試験管フラワーベースが立ち上がる、絵に描いた餅になるところを、悪戦苦闘して仕上げた。きれいなものである。

と、やってる今日は、義姉が市川真澄さんを紹介するために横須賀まで連れ立って来店してくれた。市川さんは義姉とは某大手保険会社での同僚の方で、NPO日本渚の美術協会のメンバーであられる。本とかネットでは作品を拝見していたが、ステンドグラスの手法を使った大きなランプシェードが得意な方で、今日お持ちいただいた、シュモクザメのフラワーベースは一目見て圧巻!市川さんは芸術教育を受けられた方で、さすが芸術家!と言葉も出ないくらいである。いろいろな話もうかがえたし、何でも渚の美術協会の会長の本間清さんの叔父貴様は、オーシャンノートのある横須賀上町にお住まいだとか。意気投合、市川さんの作品を当店で販売させていただくこととあいなった。大物は”作品”となるものの、アクセサリー類は2000円台、これはお買い得としか言えない。(市川さんの作品の販売は終了いたしました)

こうして刺激を受けると、腹の底から創作意欲が湧くのだが(今年のクリスマスツリーボックスアートはシーグラスのツリー、市川さんにもお褒めの言葉をいただいた。もっとも、店頭で展示したのは昨日と今日の二日だけだったが)、あいにく、海に行く時間が・・・無い。困った!とりあえず、なるべく早い機会にステンドグラス用の材料と道具を揃えたいもの。東急ハンズは横浜、遠いなあ。(2006,12,24)

2006 blog

ページトップへ