01/22 上町銀座商店街の新年会

横須賀上町銀座新年会:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

上町銀座商店会の新年会があった。場所は汐入駅前、戦前は海軍の下士官兵集会所、戦後はアメリカ海軍の下士官クラブ(Enlisted Men's Club)だった跡地に立つメルキュールホテルだ。僕が横須賀に移った頃は、まだEMクラブの建物は残っていたし、今だから言うが・・・鎌倉七里が浜の現在のパブロワ記念館でも同じことをやったのだが・・・建物内部に不法侵入して建物のかけらを採取したものだ。ご存知の方もいるかもしれないが、日比谷公園某所にはどう見ても旧帝国ホテルに使用されたのと同じフランク・ロイド・ライトのレンガがあって密かに狙っていたりするが(冗談です)、今月で一旦閉会になった最後のウワマチナイトに初登場した知る人ぞ知る横須賀の名門喫茶店”ニューセントルイス”の元オーナーのAさんのように「観音崎の磯じゃあ旧横須賀製鉄所のレンガが拾えるぞ」とおっしゃり、昔自らもタガネとトンカチを持って採取していたなどという強者もいるから、史跡採取?もそのうち流行るかもしれない。

さて、EMクラブが返還されて横須賀芸術劇場とプリンスホテルに再開発されたものの、プリンスホテルは堤氏の失脚後の事業見直しで閉店、その後、トリニティホテルとして営業再開したものの2008年で撤退、一年近く空家になっていてゴーズトホテルになるかとハラハラしていたところフランス系のメルキュールホテルが進出して営業再開となった。例年、商店会では秋に慰労会を開くが、折角新しいホテルが出来たのだからということで、時期を繰り下げてメルキュールでの新年会となった。上町銀座も世間並みにシャッター通り化の危機にあるが、そんな状況を反映して事務所や医院の割合が増えている。特に国立横須賀病院が上町病院として再出発してからは新しい医院や薬局がたくさん出来たので横須賀のメディカルタウンの様相を呈してきているが、ちょっと変わったところでは議員さんが事務所を構えていたりする。横須賀市議のねぎしさんはもう随分長いようだが、去年衆議院議員になった横粂さんが事務所を構えたものだから、商店会長など「これで県議が来れば揃うんだがな・・・」などと笑っておられる。新しく店を構えた人ほど行事には関わりたがらないし、そんな状況だから僕のようなよそ者が商店会の集まりに顔を出しても決して居心地の良いものではないが、こうして少しバラエティ色が強まると安心して大酒が飲めるというものだ。

新年会には・・・ちょうど女房の誕生日が重なった。「ヨシッ!お母さんの誕生日にはホテルで食事だ!」と大見得をきって、家族全員参加の新年会となった。パーティプランだから期待していなかったが・・・最上階のオーシャンビューのレストランで食べる料理より良かったくらいだ。(メルキュールさん、褒めてんだか何だかわかりませんねぇ)子供たち用の料理も、掛け値なしの上出来である。上記写真にスープやパン、グラタン、デザートも付くのだから子供たちに食べきれるわけがない。こちらも手伝って残さず食べたが(僕は出てきたものを残すのは絶対にダメなタチである)味も大満足だ。当家では滅多にないことだから子供たちは幼稚園や小学校で「お母さんの誕生日はホテルでお食事なんだ・・・」と自慢?していたとか・・・いつかそうなれれば宜しいと、不景気に負けず仕事に励む僕なのである。(2010,1,22)

2010 blog

ページトップへ