06/11 横須賀上町のツバメ

船の観察講演:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

朝、家を出る時にお隣の奥さんに突然「スゴーイ、小野寺さんって講演やったんですネ」と言われ目を白黒させてしまった。聞けば、仕事で横須賀市の生涯学習センターとの関わりがあるらしくて、”まなびかん”で僕の写真が貼ってあったのをご覧になったのだとか。なるほど・・・もう一年近く前に”横須賀の海を楽しむ”の講座で講師をやった時の写真が貼ってあるのだそうだ。まあ、今だにその時の講座の参加者の方が「あんたの話が面白かったァ!」なんて店にお越しになることもあるし、こうして突然お隣の奥さんに言われたりして、人間必ず足跡が残っているもので・・・悪いことはできないということである。しかし、僕は有名人でもゲーノー人でもないから、やっぱり自分の写真が貼ってあるとなると気持ち悪いからお天気が悪くて海に出かけられない休日にひとっ走りその掲示を検分してきた。この講座もパワーアップして再度やろうという話は出ているものの、クイーンメリー2の横浜寄港が中止になったので僕がお話できるテーマも無いから難しいかもしれない。そういえば、神奈川新聞ではキュナード側が横浜市に寄港中止を申し入れたというニュアンスであったが、海事プレス社によれば横浜市側がキュナードに”寄港拒否”を申し入れたのだと書いてある。何だか悲しいお話である。

さて、来るの来ないのと言えば、今年は店の二軒隣のアーケードの軒下にツバメが巣を作った。毎年、通りを挟んだ向かい側にはツバメが来るのだけれど、反対のこちら側は人通りが多いせいだろうか、この店を始めて4回目の夏で初めてのことだ。元バードウォッチャー(”元”といのは変?しかし、横須賀に移ってからは、以前に住んでいた武蔵野地域と比べれば全然鳥が少なくて自然と機会が減ってしまった)の僕としては楽しみが増えて何よりのなのだが・・・

別に自慢するわけではないのだけれど、結構な綺麗好きであることは確かで、残念なことに体調を崩されて廃業された隣の八百屋さんの店先・・・人がいなくなると汚れ放題、これを機に両隣合わせて都合三軒分毎朝掃除させていただいているのだが、毎朝のわらクズが多いので閉口している。ツバメの巣ってえのは泥ばかりだと思っていたから、結構干し草も使うもんだと感心しきりだ。まあ、大変は大変だけど少なくとも4年間毎日欠かさず吸殻を置いていってくれる紳士に比べりゃ干し草のクズもかわいいもんである。今は抱卵中、もうすぐ雛かえるだろう。先日はシジュウカラとムカデの格闘を見て子供たちと大歓声だったし、海もいいが鳥も悪くない・・・ウン、さっき女房が言ってたなあ「今日の夕飯は焼き鳥」 アレッ (2010,6,11)

2010 blog

ページトップへ