07/05 職人! win7ネットワーク問題解決

コマンドプロンプト:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

今年1月に現用のメインマシーンwindows7機が来たことは書いた。結局、XP機で使用していたwindowsのネットワーク”ワークグループ”がwindows7機から見えないという問題は半年後の今も解決がつかずにいた。あれこれ試していじるがどうしてもダメ、しまいにサポート外ながら「ネットワークにつなごうとするとLAN側だけでなくWAN側もダウンするんだから!」とこじつけてプロバイダーのjcomに無理やり調べてもらったけれど「すみません、わかりません」とのこと。XPからは7が見えるので、不便ながらデータやらファイルの移動やコピーは全部XP側からやっていた。その度に立って座っての繰り返しだから運動不足も少しは解消されると思っていたが・・・

もう、三月も前になるだろうか、そのネットワーク問題を常連のeinenさんにこぼすと「そんなもん、windowsのネットワークに頼るのがそもそも間違ってる!」と一喝された。einenさんは面倒見の良い人だから「そのうちやってあげるよ」と一喝のあとに加えた。

その後、結局7機からはワークグループが見えたり見えなかったり・・・困るのは、見えない時にLANをダウンさせること。NASに入れてある動画再生中だと動画は止まるし、最低だったのはLANの中のノートPCがダウンしたりする。このメビウスも癖のあるマシーンで、その時はモニタが真っ暗・・・リセットスイッチなる不思議なものが付いていてこいつで復帰したから良かったものの、こんなことやってるとエラいことと思って、7機からワークグループを見るのは諦めていた。

日曜日のeinenさんはすごかった。彼は本職のシステムエンジニアだから(彼には秘匿義務があるから書けないけど、誰もが知ってる巨大な通信のバックアップシステムを作ってる人なのだ)、彼にすれば丁寧に説明しながらやってくれるのだけど、キーボード打つにも早すぎて何をやっているかわかりゃしない。で、約10分、7機のデスクトップには必要なネットワーク上のドライブのショートカットが並んでいた。

彼がやってくれたのはLANのネットワーク上のIPアドレスをコマンドプロンプトで確認して、そのIPアドレスをエクスプローラに直接打ちこんで表示させるという方法だ。やっと自分でおさらいが出来たので簡単に手順を説明する。

オーシャンノートのLANにはブロードバンドルーターとネットワークハブを介して、7機PCが1台、XP機PCが3台、98SE機PCが1台、NASが1台、さらに共有のHDDが2台、つまり共有ドライブは簡単に言えば8つある。(光学ディスクドライブやプリンタなどは共有しないので省略)

まず、コマンドプロンプトを実行して各PCに割り当てられたIPアドレスを調べる。7機はスタートからプログラムとファイルの検索のところ、XPでは同じくスタートからファイル名を指定して実行を開き、そこに cmd と3文字入れて enter キーを叩く。するとコマンドプロンプトが立ち上がる。(後日注:写真の黒地に白文字のウィンドー)で、カーソルが点滅しているので ipconfig と入力して enter キーを叩く。いろんな事が出てくるけれどそこにある、IPv4アドレス・・・ xxx.xxx.xx.x この9桁がそのPCのLAN上のIPアドレスだ。こいつを各PCごとで実行して調べて紙にメモっておく。

次に7機側からアクセスしたいドライブを見る。スタートから”コンピュータ”を開いて上部のエクスプローラをクリックするとコンピュータの文字が反転する。BackSpaceキーでこの反転を消して、 円マーク円マーク(このウェブサイトの入力ボックスでは化けるのだけどYに横棒二本の円の通貨マークを2つ)、続けてIPアドレスxxx.xxx.xx.x を入れてEnter ・・・すると対象のPCの共有ドライブが見える!外付けHDDが共有になっていれば、そこに一緒にドライブが見えている筈である。あとは右クリックでショートカットの作成をすればデスクトップにショートカットができる。NASは仕方が無いので、IPアドレスの末尾をどんどん変えていくことでいずれたどり着く。普通は10も20もあるわけじゃないから簡単だ。

僕はXPあたりからPCに入ったし、シスアド試験でIPアドレスは勉強したけど活用することもないから忘れてしまった。einenさんはプロでUNIX育ちだそうだからコマンドプロンプトなど当たり前のように使っているそうだ。なるほど・・・windowsのネットワークなんざあ・・・とおっしゃるのも当然であろう。お陰さまで便利になりました。アリガトウeinenさん(2010,7,5)

(後年注:結局windowsネットワーク、vista以降とxp以前の親和性の悪さは解決しないようで、windows8以降も同じ状況である。上記、コマンドプロンプトは簡単に言えばwindowsのそのまた元のOS、MS-DOS(マイクロソフト・ディスクオペレーティングシステム)のプログラムで、マウスを使う以前の原始的なOSの一部と考えればいいでしょう。初期windows はMS-DOSの上で動いていましたし、現在では逆にwindowsの中にMS-DOSの一部が機能として、例えば今回利用したコマンドプロンプトが内包されているわけです)

2010 blog

ページトップへ