07/15 マルタイラーメンで冷やし中華

横須賀海辺釣り公園20100715:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

ニッポンは東南アジアだなあ・・・このところの多湿にはいささかヘバり気味だ。店は定休だが、子供は学校、女房は小学校の料理教室(何だか内容は不明)、仕方なく朝から一人で愛飲のPB焼酎なども含む一週間分の食材の買い物、帰ってきて夏の定番大葉のぺペロンチーノを作って食べ終わるともうグロッキー、少しでも涼しいからと横になったフローリングの床の上でそのままウトウトしてしまった。

次女が学校から帰り、尋ねてみれば出かける元気があるようなので、自転車の練習を兼ねて海辺釣り公園まで出かける。高温多湿で風も強くさすがに釣り人も少ない。ソウダガツオやメジマグロの回遊はまだまだ先のようだ。それでもいつもそこにいるおじいさんが「ナブラがなあ」とか「鳥山がなあ」なんて言っているところをみるとそろそろ始まっても良い時期なのだと思う。遊歩道側を見ればクローバー(正真正銘のクローバー、葉の先が割れているカタバミではない)の花も盛り、久しぶりに気合を入れて四つ葉探し。今日は3つゲット!好成績だ。次女は・・・なんと珍、二葉のクローバーをゲット。いずれにせよ、ちょっとご機嫌で次女に自販機のアイスクリームを奢る。

夕食は先週から食卓復帰を果たしている冷やし中華。前にも書いたことがあったように思うが、定番のシマダヤの冷やし中華は一昨年から一切使わず、もっぱらマルタイラーメンを使っている。袋の裏に載っている作り方ではとても暑さを乗り切れない・・・と感じるので、酢と醤油と砂糖をほぼ倍量使うのがコツだ。同梱の調味油も使わず、代わりにごま油を少し混ぜる。復習すれば、一単位(麺一杷)あたり、同梱の粉末スープ一袋に、水90cc、以下は倍量、醤油大さじ1、砂糖大さじ2、酢大さじ2、ごま油少々・・・といったところ。僕は辛いものと酸っぱいものは滅法好きな方だから夏に冷やし中華は必需。酸いも甘いもとは言うし、このところそんな事ばかりを感じさせられる身につまされる日々を送っているけれど・・・酸いも甘いも冷やし中華なら大歓迎である。(2010,7,15)

2010 blog

ページトップへ