09/07 戸越銀座

戸越銀座:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

たった一人の社長兼店長兼店番がいかに身を縛るものだったか・・・今日は午前中、足取りも軽く品川の戸越まで打ち合わせにお出かけ。目的地は世界的な家具モデラーであるミヤモトさんの会社、ミネルバさんだ。もっとも今日は、ミヤモトさんに会うのではなく、息子さんからミネルバさんのウェブ戦略の相談を受けるためのミーティングだ。(僕はウェブデザイナーでも専門家でもないけれど、誰にも習わずたった一人で信念を持ってウェブ運営をやっている。近しい方々からはそれなりの評価を受けることとなり、今ではオーシャンノートの2つのウェブサイトとは別に人様のウェブサイトを5つほど運営させていただいている。お金になる仕事じゃあないけれど・・・苦笑)

そんなつもりで出かけたが、ミネルバさんの入口で、早々にミヤモトさんにバッタリ。かれこれ6年振りの再会である。思えばミヤモトさんに初めてお目にかかったのはインターオフィス在職中、某大手建設会社の設計者さんの紹介で五反田の酒場でご一緒したのが始まり、かれこれ20年ほど前のことだ。ウィルクハーンに転職するとこれがまた奇縁、ウィルクハーンの日本国内アッセンブリーはミヤモトさんのところでやっていただいているではないか・・・その後あれこれ杯をご一緒する機会があり、亡くなられたミヤモトさんの奥様にも気に入っていただいてしまって・・・小沢一郎さんと田中真紀子さんのような話も出なくはなかった・・・(この話をご存じのかたならピンと来るであろう。むろん僕たちの場合、本人同士の意思は別物であったことを名誉のために申し添える・・・あくまでお話しである)10年ほど前の六本木アクシスでの結婚披露パーティの乾杯の音頭はミヤモトさんにとっていただいたし、ウィルクハーン退職の時は送別会を開いていただいて皆出来あがってしまった挙句、ミヤモトさん「小野寺さん、ウチの社長になってくれよ!」と。

2年前に新築なったミネルバさんの社屋を訪ねるのは初めてだ。やっぱり工場は面白い。制作途中のアルミと合板のラミネートの椅子にくぎ付け。新しいメリタリア(イタリアの新興名門”メリタリア”は今後ミネルバさんで輸入と国内アッセをやるのだ。何でも喜多俊之さんのアテンドでやることになったのだとか・・・そう言えば、新しく買ったアクオスの地デジテレビのデザインは喜多さんだった。もうずいぶんお目にかかっていないが喜多さんは・・・元気でしょう、苦笑)の試作品もあった。ミーティングは思ったより順調で、ひとつのウェブ戦略の提案は息子さんにさせていただいた。これも縁で、恩返しにもならないがお役に立てれば幸いと考えている。

帰りがけには子供たちにお土産。トトロのかたちのパンに惹かれてベーカリーホシノさんの店内へ。ドラえもんとバイキンマンの菓子パンを買う。しかしまあ・・・良く考えれば東京に行くのは1年半振りくらい・・・満員電車や人ごみが妙に気疲れ・・・浦島太郎なのである(2010,9,7)

2010 blog

ページトップへ