09/17 和ークステーション

和ークステーション:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

学校を卒業、最初に就職した会社はプラスという文具事務機メーカーだった。当時、チームデミという小さな文具セットで大ヒットを飛ばしたプラスは中々の人気企業で後から勘定すれば250倍くらいの倍率を突破しての就職だった(苦笑) ご他聞に洩れず僕もプラスという会社の雑貨屋さん的な面に惹かれての就職だったけれど、配属されたのは工事現場事務所を回って間仕切りを売り込む部署だった。一方で、この部署は当時まだ珍しかったオフィスの環境提案を直接顧客企業に行うことのできる社内唯一の部署でもあり、これはギョーカイでも最先端の事業形態だったように思う。(ある部会の時に宿題が出たことがあった。全員”新製品”を考えろというお題だ。僕は考え抜いて、床面収納+天吊り家具というアイデアを披露した。当時オフィススペースは”収納”が課題とされていたから床を全面収納にしてしまえば良いという考えだ。当然、床面に物が置かれるとダメなので家具はスラブから吊ったレールで吊る・・・部会では全員大爆笑! 別にウケを狙ったわけじゃないが・・・それでも、部会後、建築士だった課長が真顔で「すごい、独創的で感心したョ」と褒めてくれたし、担当役員は後日僕を席に呼んで「これを研究してみなさい」と銀行ロビーのプロポーザル資料を一式貸してくれた。僕のとっぴょうしもないアイデアに感心してくれたらしくもっと勉強させようということらしい。その資料がビックリ!アメリカの名門デザイン事務所、ゲンスラー社がやったものである。今から30年近くも前のこと、そんなモンが転がってる部署だったのだ)

僕が属していた部署は、どこの上部組織にも属さない社長直属の営業部隊だったけれど、仕事向きで関わりがあったのはオフィス環境事業本部という事業部だ。会社では年一回、業績評価の申告書を書かされたが、ここにキャリアゴールという欄があった。プラスは同族会社だからキャリアゴール(あなたは将来この会社でどのポジションを望みますか?という問いである)に”社長”とは書けなかった(苦笑) で、僕のキャリアゴールはプラスにいた3年半の間、オフィス環境事業本部長だった。そんな訳で、家族がいると全て思いのままというわけには行かぬけれど、住環境やオフィス環境には思い入れが強いのだ。お金をかけるか否かは別として整った住環境、オフィス環境からしかイイ暮らし、イイ仕事は生まれないと思っている。浦賀水道を望む新しい仕事場、建物は小奇麗ながら随分古いけれど、ロケーションはグッド、お越しになった方は皆「最高ですね」とおっしゃて下さる。

パソコンなる機械、同じ100ボルトの電力で動く機械でありながら、家電品に比べて著しく信頼性が低い。パソコンのトラブルでお客様に迷惑をかけてはいけないから、バックアップ用のマシーンはきちんとしておきたいものだ。オーシャンノートでは事務所とは別に自宅にもネットを一回線引いてバックアップ環境を整えている。仕事場には昨年末に買ったwin7機がメイン、xp機が2台で備える予定が先般6年使ったxp機が一台壊れた。今のメイン機の前にメイン機だったdell、これはチューニングの甲斐あって絶好調で大事に使おうとしていたが、最近ストリーミング動画再生で追いつかないものが出てきた。これじゃあバックアップ機としても力不足と感じて仕事場の6畳和室に”和ークステーション”(笑) を構築することにした。

モニタは液晶テレビアクオスだ。折角このアパートメントには地デジのUHFアンテナが立ててあるのでテレビにしたのだ。(実は・・・小学生の娘たちは学校から帰るとこの仕事場で過ごすので、テレビがあれば間ツナギにもなるという”逃げ”の意味もある) PCは新品のwin7機をもう一台買う予算がないのでdellの見た目が抜群の中古の5150cを買った。core 2 duoを積んでる機械だと値が張るのでpen-D 3.0G、メモリ2.0Gのこのマシーン、これなら近い将来win7で動かすこともできると思い選んだ。(dell 5150cはcpuファンの音がうるさいので悪評高いマシーンだが、やはり音がデカかったので分解清掃した。ファンを外すのにヒートシンク=cpuの空冷ラジエータを外すのでシリコングリスを塗り直したりと、中々大変だったが、お陰で絶好調まであと一歩まで持って来れている) 買ったアクオスがライムグリーンだったのでマウスもグリーン、キーボードはシリコンキーボードのグリーン、悪ノリしてPCのデスクトップも黄緑にしてしまった。

長女が生まれた時、命名はどうしようかと迷う中、”キミドリ”(黄緑)にしようという話しがあった。女房の名は”ミドリ”なので娘が”キミドリ”でかわいらしいし面白いと思ったのだ。結局、周囲の反対で”アオバ”となったけど、こんな経緯もあって??長女は黄緑色が好きなようだ。アクオスの黄緑を支持したのも長女・・・ で、和ークステーションの椅子にはおかしな黄緑色の座イスを見つけてきた。座イス、正座の座布団、ローチェア、おまけに枕にもなる(笑・・・でもこれが使える)という優れ物だ。まさか正座するシチュエーションはないけれど・・・僕はこんなバカバカしいものも嫌いじゃない(2010,9,17)

2010 blog

ページトップへ