09/25 心優しき者

かまきりのタマゴ:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

”ゲゲゲの女房が”終わってしまった。一日も休まずに見たわけでもないし、水木しげるご夫妻が結婚して奥さんが調布に上京したあたりから見ただけだけど・・・ヨカッタァーーーーッ!  我が家は出雲弁のブームである。

そばを茹でる・・・「ちょっこしタイマーのスイッチ押してくれる?」
女房がタイマーのスイッチを押してくれると僕は
「だんだん」・・・ってな具合

「だらぁーーーっ」も気に入っている。でも、ドラマでは出てこなかったけれど、もっとすごいのは「だらくそっ!」ってやつで・・・このところ常用してる。境港や安木は行ったことがないけれど、出雲や松江には何故か縁があって出張で行っていたので何となくドラマも身近な感じだった。境港の水木しげるロードがあまりにも有名だけど、松江の堀川(松江城が築かれた時に作られた運河)の川岸にも鬼太郎の妖怪のブロンズ像はたくさんあったように記憶している。今日の最終回は7:30からのBS-hiから始まって7:45のBS-2、8:00の総合、12:45の総合とすでに4回も見てしまった。19:30からは5回目を見るつもりである。

台風も無事去って一安心、何せ新しい仕事場は海一望・・・逆に風が凄いから雨戸を閉めて・・・ロケーションは良くも建物は古いので電気回りは弱く、落雷対策でインターネットのケーブルとPC関係のコンセントとは抜いて備えなきゃイケナイのだ。

で、家に帰るとアプローチの階段のところで不思議なことに葉っぱが壁に張り付いている。良く見ると・・・セロテープで貼ってある。実は一週間ほど前の夜中、どうした訳かカマキリが壁に卵を産んでしまったのだ。丁度居合わせた僕は他に行くようにしたのだが、既に生み始めていて止めることができなかった。翌朝、娘達にその話をして・・・現在、この卵をどうしようかと協議中なのだが、何せマンションの入り口だから人の手とかが当たりやすそうな処で、台風と人が当たるのを防ごうと葉っぱを貼りつけたのである。

5年程前の晩秋、義父が遊びに来て公園が何処かで枝に生まれた卵を見つけて枝ごと我が家に持ち帰った。花瓶に挿してそのままにしてたら・・・翌春、卵が孵ってしまった。7〜8ミリのカマキリの赤ちゃん数十匹が家中に!女房と長女でせっせと捕まえては逃がしたのだそうだが、翌朝、僕も数匹捕獲。カマキリは我が家ではなかなか思い出深い虫なのだ。さて、どうしようか・・・いずれにせよ、セロテープで貼った葉っぱ・・・心優しき者たちである(2010,9,25)

2010 blog

ページトップへ