05/10 長者ケ崎

葉山・長者ケ崎駐車場:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

定休日。朝は警察や市役所で用事を済ませ(悪いことをしたのではない)、水曜は幼稚園が早く終わる子供たちをピックアップして海ィーッ!葉山へ行く。今年一番の暑さだったせいで葉山公園の駐車場は満車。すぐ南側の長者ケ崎の駐車場へ車を回す。ここも夏以外は無料だ。お土産屋さん(かな?)の駐車場と2つあるので勘違いしやすい。海に向って右手の入り口、下って入ってゆく方は県営駐車場なのである。左手のお土産屋さんは幾らか買い物をしないと無料にならない。

久しぶりに親子4人、我社オーシャンノートのオリジナルTシャツを着ていて珍しかったので、記念撮影。僕は恥ずかしながらメカ音痴だから、セルフタイマーのセットをしくじればご覧のとおりである。冬が終わりオーシャンノートのTシャツもなかなかの売れ行きである。千住の知人の会社で作ってもらっているが、ボディはアンビルと子供用はラビットスキンズ、どちらも一年テストしてから決めただけあって首も伸びなく丈夫である。ラビットスキンズの2歳から7歳まで、アンビルのユースSサイズから大人のLまで、11サイズそろえており、これは大したものと思っている。

子供たちの遊び続けるパワーは大したもので、ひとしきりりビーチで遊んで、先週みたいにカニを幾らか捕まえて、葉山公園の遊具で遊んで、さあ帰ろう・・・と思ったら、長者ケ崎の下でまた砂のケーキ作りだ。長女は小さい頃(今だって5歳だが)から絵を描くのが好きと見えて、ケーキを作ってもひたすら表面をきれいに飾る。なかなかのセンスだ。次女はどちらかといえば工作的な方面のようで、普段も鋏とセロテープを使い始めると黙々とやっているのだが、彫刻家っぽいものか?ケーキをきれいに飾るとその上に砂、これでもかこれでもかと固めてまた飾る、でこれで完成かと思えば、またその上に砂をかけて固めて・・・延々とこれをやっている。僕は黙って見ている。女房曰く「これが幸せの形」なんだとか・・・???

季節も終わりだが、一株だけ素晴らしいワカメを拾った。メカブの部分はメカブ飯のとろろに(色が変わる直前、30病弱茹でて水にあけたらフードプロセッサにかかて、醤油と酢少々で混ぜる)、茎は長女の大好物の醤油浸け(サッと茹でて、水でしめたら醤油と酢5:1で浸ける)、葉っぱはご覧のとおり自家製干しワカメとした。

年がら年中というわけにはゆかぬが、たまには好日好日(2007,5,10)

2007 blog

ページトップへ