11/25 魚釣り ロケハン

横須賀・大津港:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

引っ越してちょうど三月ほど、オーシャンノートの営業販売基地たる仕事場環境は・・・やっと整いつつある。歩いて3分半の職住近接も善し悪しで、こと私物については住宅仕様の仕事場ということも手伝って家と仕事場の境目があいまいになる。拙宅、元々2DK仕様のマンションの一室は12〜3年程前にリフォームして壁の無い20畳ワンルーム、当時は結婚するつもりもなく装飾は無し、超モダン、極めてシンプルな一人暮ら仕様にしてしまった。それこそインテリア雑誌にでも載せられるくらいのストイックな空間で、ガス会社の人が工事に来て「ここはスタジオか何かですか?」と訊ねるほどだった。人生は思わぬ展開を見せるもので、今や女房と娘二人の家族四人暮らし、モノを増やさぬように心がけてはいても如何せん手狭だ。

手狭解消に丁度よい、仕事場が住宅仕様ということもあり自宅の僕のクローゼットを空にしようとジャケット類と釣り道具を仕事場に移動した。クローゼットの奥に10年近く眠っていた釣り道具は黒カビだらけ。こいつをカビキラーで元通りにする。換気したバスルームで作業するも体調不良は三日に及んだ。ステラ3000、ペン4400SS、ファントムの10f、旧ブルーキャビン12f・・・時代遅れだろうが、どれも独身貴族時代に買い漁った名機揃いだ。(苦笑) 清掃のあとは乾燥、必要なものはグリスアップ、CRCを吹いて・・・お陰で道具はピカピカ。

こうして釣り道具を手入れすると・・・当然、久々に竿を振ってみたくなるのは人情だ。それでもすぐに出掛けられない・・・理由は、釣り場を決めなくちゃあイケナイからだ。釣りの種目はランカー(70センチ以上)狙いのスズキのルアー、とにかく横須賀も立ち入り禁止の波止や石積みが多いし、僕は高いところが全く苦手だから釣り座が低く水深があって夜釣り容易なそこそこ安全なところ・・・となる。以前やっていた観音崎の船着き場(普通は京急ホテル裏でウェーディングする。船着き場は単調な砂地でノーマークだが僕だけが知ってる穴場だった。ランカー4本)はトライアングルの定期船が使用するため海中にロープを張られてしまったからダメ、馬堀は釣り禁止だし目の前にテトラを入れられてしまって困難、久里浜の平作川河口は昔と違って釣れたらリリースせず娘達に刺身をごちそうしてあげたく水がきれいじゃないから失格。

そんな訳で、食材調達の道すがら海辺をうろついては釣り場を物色している。今年は30年以上前にスキーで負った大けがの後が具合悪く、右膝の調子がイマイチなので足場は余程いいところじゃないとダメだ。

まあ検討は検討としてホームグランドさえ決めてしまえばあとはどうにでもなる・・・と思っていたら、ラインシステムの作り方を忘れている。今はPEライン全盛のようだが、魚釣りは浦島太郎状態、昔ながらのナイロン、ランカー狙いなので16ポンドラインを使うが、当然リーダーは20ポンド程度以上、ダブルラインでリーダーを結ぶわけだがビミニツイスト、オルブライトノット、すっかり忘れてる。明日はこの練習かな・・・ウーン、ライン結束作業に必要な手袋がない。(思いっきり結ぶからグローブがないと手が切れてしまう)

それにしても・・・10年以上前のお道具で釣れるんだろうか?本屋で釣り雑誌を立ち読みすると、僕が持ってるルアーなんて全然載ってないし、聞いたことのないルアーばかり・・・根強いファンは多いようだが一世を風靡してたK-TEN BLUE OCEANなんて余り流行ってないようだ。でも魚が一昔前のルアーや古い道具を見て食わないなんてこと・・・多分ないわなあ (2010,11,25)

2010 blog

ページトップへ