12/10 僕は雑役夫 ある一日

客船クィーンエリザベス2_20101210:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

雑役夫 12月9日

朝6時起床、寝坊である。普段は5時頃起きて歩いて3分半の仕事場で一仕事である。いずれにしても天気が良ければ6時過ぎには洗濯を始める。夕飯のお献立次第では並行して下ごしらえをする。

7時朝食。簡単・質素ではあるが朝食の準備は女房担当。寝起きの悪い次女を起こすのに苦労した日はお姫様だっこで食卓の椅子まで次女を運んでしまう。

7時50分出社。BShで”てっぱん”を見てから子供達と家を出る。女房はその前にとっくに登園している。

外出までの少しの時間、オリジナルポストカードのレイアウト、画像加工の検討。

買い掛けの支払日。横須賀中央の銀行で手金入金手続き。その後、個人的に税理士センセイから頼まれた手札写真2枚連装の額装材料探し。通常は販売してないキャビネ判のフォトフレーム探し。結局横須賀中央付近のお店を4軒ほどハシゴ。街場には・・・残念ながらイイものはほとんど無い。こんなもんなんだなあと感心するやらあきれるやら・・・やっぱり横須賀は田舎なんだと思い知る。まあ、せいぜい某ハンズあたりとどっこいといったところだ。いずれにせよ、これも雑務。

帰りしな、スーパーで週末の恒例、マンション住人総出草刈りのためのお疲れ様飲料12本と女房の缶チューハイを調達。自分用はバタピー(10年ほど前の冬、背中に湿疹が出て悩まされ抗ヒスタミンやらいろいろ試したが駄目、特効薬は何とピーナッツだった。ピーナッツのビタミンEが宜しくて、以後、乾期のピーナッツは欠かせない)のみ購入。バックパックが重い。

昼食一旦帰宅。夕食の準備を済ませつつ昼食。昨夜の残り物のたぬきそばをいただく。そば屋の”かえし”にはザラメを使うとのことでザラメにしたら大正解。うどんだしは手抜きでおいしいのを極めているが、秘密兵器”ザラメ”のお陰でそばだしも手の内になった感。ちなみにだしをとってる時間はないので某社の”焼きあご”だしの素を使ってるがこれは ◎ である。

13時再出社。雑務続き。税理士センセイの手札写真の採寸。マット・・・キャビネ判に抜き窓2か所の検討、手札版の写真だからミリ単位の仕事だ。続けて職人さんに制作手配。

お得意さんの東京医科大N先生から電話。クリスマスプレゼントに以前の店で扱ってたハンカチをまとめて手配してほしい由。製造元へ問い合わせ及び手配。

実父に暮れの頂き物御礼電話。雑役生活を同情される。「同情するなら金をくれ」・・・あのドラマのセリフが頭をよぎる。もちろん口に出したわけではない。

15時、子供達、学校から仕事場へ帰ってくる。(自宅は誰もいないので自宅と近接の仕事場へ帰ってくる)おやつを出してやってから宿題を促す。その後、次女にはくり下がり引き算の自習をさせる。このくり下がり引き算が鬼門になってて、なかなかスンナリ運ばない。思わず癇癪を起こす。続けて長女の立体四目並べのお相手。一昨日は不覚にも1勝2敗の負け越し。かなり本気でやって今日は3勝1敗で面目を保つ。もっとやれば全部勝てると思ったけれど、泣きだしたらいけないので鉾を納める。

17時、子供達と退社。帰宅後、洗濯物取り込み後、夕食の支度。得意のパスタなので気が楽だ。ブロッコリーとアスパラのアンチョビ風味のパスタ。15年程前、ラコメータの鮎田シェフのリチェッタを雑誌で読んでから僕の中では定番の一皿だ。

18時半、夕食。遅れて女房帰宅。手早く片づけて家を出る。

19時、夜の出社(笑) 1950年代のフレンチラインの雑誌広告に目を通す。50年代初頭のヴィルモットのデザインのものは出色だが、イル・ド・フランス一隻では気合いが入らなかったのか、62年の客船フランスデビューまでは下降線を辿ってるように感じる。いかにもフランスらしいエスプリはあるものの、力強さには欠ける。それでも資料の中から見つけた1957年のファイヤーワークがテーマのポスターは掘り出しものだった。

22時帰宅。ニュースステーション、ニュース23を見ながら晩酌。家計費コストダウンのため、大好きなコーラ割(僕は子供のころ、隣近所でも知られるほどコーラ好きだった。50年近く、相変わらずコーラ好きだ。近年はシュガーフリーのものしかいただかないが・・・)をウーロンハイに変更している。ああ・・・コーラを飲み放題飲みたいなあ・・・次女の言い草ではないが蛇口をひねったらコーラ・・・だったらいいのになあ(苦笑)

24時過ぎ就寝。寝相の悪い長女の布団を掛けるのを忘れずに・・・そういえば、不要になったポストカードの試作カンプを長女が欲しがるのであげたら・・・家に帰ると何やらゴソゴソやってる。見れば先般旅立った義父から貰ったというフォトフレームに見よう見まねなのだろう、ポストカードを入れて飾ってる。ウン、悪くない。綺麗だ。オーシャンノートのオリジナルポストカードは、大阪の印刷会社に頼んで特注で裁断してもらってる高性能の上質紙、インクも顔料で50年程度の耐性を保つ上等なものだ。うん、額装しない手はないな。雑役の中で、気に染むフレームは殆どなかったけれど、まあまあのものは幾らか見たし、探せば何とかなりそうだ。雑役の中に案あり・・・哉 (2010,12,10)

2010 blog

ページトップへ