07/14 飛鳥II 世界一周から帰る

日本郵船飛鳥・観音崎20110714:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

朝、ハーブや椰子に水をやっていると飛鳥IIが東京湾に入港してきた。103日間の世界一周を終え横浜へ入港するところだ。

夕方、夕涼みの一泳ぎ。娘達の水泳上達の意欲は衰えず、ブレスは出来ないながらクロールの真似ごとが様になってくる。一昨年の右肘骨折から2年、僕の肘は変形しただけでなく野球のボールを投げることもままならないままだが娘達にインスパイアされ去年はまだ腕が回りきらなかったバタフライに挑戦、何とかできるようになっている。

ふと眼をあげると、横浜から浦賀水道へ、朝行った飛鳥IIが入ってきた。横浜で乗船客を降ろして最後の神戸へ向かうのだ。コンテナ船、自動車運搬船、LNGタンカー、自衛艦が多いせいもあって真っ白な飛鳥が来るとパッと風景が明るくなる。現代のクルーズ客船は昔のオーシャンライナーのようにスマートではないけれど、飛鳥にはそれなりのオーラのようなものを感じる。丁度、中の瀬航路を出て変針、浦賀水道へ入航してから見えなくなるまで10分余り見入ってしまった。(2011,7,14)

2011 blog

ページトップへ