10/04 客船アムステルダム

客船アムステルダム:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

AM06:10、大きな客船が横浜に向かっている。観音崎のように近くで見える訳ではないが、浦賀水道北端あたりを望むこの仕事場からは、大きな船が通れば気づく。(その割に、空母ジョージ・ワシントンは一回しか目に入ってこなかったけど・・・苦笑) 客船アムステルダムだ。

今日の大桟橋は大忙しらしい。昨日、コスタビクトリア75,000tが初入港、今日はアムステルダム、日本のぱしふぃっくびーなすは昨日入港・・・タイミング次第でには大型客船が沢山とまっているとFM横浜で案内している。

暫く前から、キュナードのクイーンエリザベスの横浜初入港が話題だ。というのは、正式にセーリングスケジュールが発表されて2014年の寄港は決定したのだが、果たして大桟橋につけることができるか否かで注目されている。横浜ベイブリッジをくぐることができるかどうか? ということである。

クイーンエリザベスのマストの高さは設計上は56.5m、横浜ベイブリッジの橋の下面は海面から55m、これじゃあ橋をくぐれないのは子供でもわかることだ。当日のクイーンエリザベスの喫水はわかりようもないけれど、まあバラスト水で喫水を設計上の高さにするとして、この計算上足りない1.5mが微妙なのだ。というのは、ベイブリッジの55mは測量上の標高の高さで、平均水位(東京湾標準潮位=日本の水準原点の大元、新川霊岸島)から割り出すと実際の平均水位から2mほど高いらしい・・ということは57mでくぐれる??? 当日は上弦の4日前で満潮は午前7時過ぎ、潮位140・・・当然、早朝の入港だから満潮で、僕が考えるには実際にはぴったりの56.5m前後あたりだろうか・・・きついよなあ・・・

ちなみに昨日入港のコスタビクトリアは全高64m、喫水8.0m、つまり計算上の56mで計算上55mのベイブリッジをくぐっている(笑)

いずれにせよ、計算上の余裕は50センチとか1mのお話になるし、低気圧が来たら海面は上がるし、万が一にも橋にマストを引っ掛けたら世紀のニュースだけど、それだけじゃあ済まないだろう・・・横浜市港湾局とキュナードはいかなる結論を出すものか・・・注目である (2012,10,4)

追記・・・14:50、目を上げたらコスタビクトリアが出て行く

客船コスタビクトリア:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

2012 blog

ページトップへ