10/09 大桟橋

大桟橋サン・プリンセス:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

昨日、朝から仕事場でサンプリンセスを拝んでから気分良く横浜に出かける・・・が、根岸線車中で「昨日まで三連休・・・ウン? ってえことは、今日は月曜休館の振替で日本郵船も氷川丸もお休み?」と気づき、桜木町で電車を降りたところで娘達に告白。 でも、来ちゃったものは仕方が無いし、長女は元町で買い物があるし、丁度サンプリンセスもいることなので納得一件落着。

旧横浜港駅停車場を見たかったのだが、汽車道を通ってそのあたりまで行くともうサンプリンセスの威容が見える。手前には護衛艦ひゅうが。僕はミリタリー方面はさっぱりだが、友人の自衛官が竣工引き渡し式に出席して、就航記念の絵ハガキをおみやげに持って来がてら話を聞かせてくれたので記憶にある船だ。巷では事実上のヘリ空母とやらで話題になった最大の自衛艦である。

サンプリンセスは今年最後の外国大型客船の寄港だそうだが、大桟橋界隈から元町あたりまで乗船客が歩き、シルクセンターのスーパーではクルーたちがカップ麺を買い込んでいたり街中の風情も宜しい。でも、銀杏が臭うので日本というのは随分臭い処だなどど思われやしないかと心配した。

少し前の数字だが、飛鳥2の乗船客の平均年齢は65歳だったそうで、サンプリンセスの乗客もお年寄りが多い。お金はともかく、船旅は時間が掛かるからなあ・・・ 新幹線、飛行機・・・早くなったのは便利で良いことだが、旅の風情は無くなったわけで、もうちょっと世の中のスピードがスローモーでも良いような気がする (2012,10,09)

2012 blog

ページトップへ