12/30 どうした クイーンメリー2

客船は皆、年越しクルーズで沖に出ている。新春4日頃まではどこの港も空っぽだろう。昨日、残念なニュースが飛び込んできた。クイーンメリー2でノロウィルス集団感染の疑いがあるそうだ。19日にニューヨークを出港してカリブ海の島々に寄港したあと、1月3日ニューヨークに帰港、すぐさまサウザンプトンへ大西洋横断の予定だが・・・

ノロウィルスは検疫感染症でもなければ、隔離の必要な感染症(伝染病)でもないから、入港拒否や乗員乗客の上陸制限があるわけでもなく、夢物語みたいに幽霊船になることはないけれど、格式を誇るオーシャンライナーとしては不肖のイメージは免れない感じがする。

200人近い感染が疑われるそうだが、この数だと出港から10日ばかりで乗客同士で感染していったというよりは、食事が原因である可能性が高いだろう。つまり、厨房スタッフの衛生管理に手落ちがあったということである。そのあたりなると「どうなるんだろう?」と我が家でも話題なったのだが、これが日本の陸の話であれば食事の提供元や食料品店は食中毒で営業停止だ。しかし、船では、他で食事をとることはできない訳だから・・・「腹減っちゃうよなあ・・・」ということで、はてどうなるんだろう。

いずれにせよ、速やかにこの事態を解決し、航海に穴をあけずに 「流石!」と言わせて欲しいものだ 安航を祈るばかりだ (2012,12,30)

Ocean-Note, Queen Mary 2, Dan Cosgrove 2005

2012 blog

ページトップへ