08/14 ネットラジオ・・・USENのキャッチ商法

USENキャッチ商法の三角くじ:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

今まで、店のBGMは、300枚くらい持っていたCDをアップルのi-tunesでMP3にして、こいつをLANハードディスクに入れて非力な98SEのリブレットを使って再生していた。新しいMebiusを買ったのでちょっと思案して、インターネットラジオを聴いてみたら、ORSRADIOという素敵なラジオ局を見つけた。特に涙モノは、80’s Popというプログラムで、大学時代から20代の頃に街やディスコで掛かっていた曲が目白押しなのだ。こいつを聞くのに音飛びの解消に手間がかかった。配信は128kのビットレートだが、ウィンドウズメディアプレーヤー10でも11でも、9でもダメ。Mebiusuは丁度先日買ったばかりなので調べたらハードディスクのパーティションがない。ウン、少し非力だからCドライブ、DドライブにしたらCドライブのアクセスが早くなって良くなるに違いない・・・と考えた。早速リカバリー。アップデートに半日、WMPは11にして・・・さあラジオだ。ダメである。で、いろいろ調べると、バッファリングの処理をオンにすると良いことがわかった。5秒でもまあまあだが、長時間保たず最長の60秒にした。(バッファリング処理はWMP11の一番上のタイトルバーを右クリック、表示からクラシックメニューを選択する。メニューバーが現れるので、ツールからオプションを選択。パフォーマンスのタブをクリックして、ネットワークのバッファ処理の”バッファ処理をする”のチェックボックスをオン、最長60秒までの処理時間を設定する)そんな、こんなでインターネットラジオがご機嫌で、BOSEのパワードスピーカーもイイ音出している。

BGMのことで、あれこれやっていたら、昨日はお客さんのSさんと話していて、ネット販売でも実店舗があることの信頼性云々などという話になって、一年ちょっと前、キャッチ商法に引っかかったときのことを思い出した。昔、プライベートのホームページで書いた日記をここに転載する。

年甲斐もなくキャッチ商法に引っかかる。手口はこうである。
先日ドーナツを買ったらスクラッチカードが当たったので商品の引き換えに汐入のショッパーズプラザに行った。ダイエーの横で次女を乗せるベビーカーを物色していると、「キャンペーンで無料の三角くじを引いていただけます・・・」という女性がおり、一人であればそんなもの見向きもしないのだが、まあ子供には楽しいだろうと魔がさした。長女は「すごい3等!」とおもちゃをもらう。次に引いた次女は可愛そうにハズレ。僕はベビーカーに次女を乗せるのにあたふたしていて、面倒くさいのでついつい、くじを引いてしまった。
「すごい、一日五本しか出ない2等です!」と来た。「衛星放送のアンテナをプレゼントします」。普通必要ないよな、コレ。だって既に衛星見てる人はアンテナ付けているんだし、アンテナだけもらう人って居るわけない。「ウチはCATVだから」というと、それでは「60000円くらいの衛星のUSEN放送の受信機材をプレゼントします」と来た。これもたまたま運悪く?、実は今開店準備中の店舗でBGMをどうしようかと思案しており、USENも考えの中にないわけではなかった。これも何かの縁だと思い、月々4000円のモバHOというモバイルUSENの5年契約をしてしまった。何せ60000円の機材がタダで、10000円のキャッシュバック付きである。恥の上塗りでそのキャッチの女性と記念撮影までしてしまった。ここまで来ると恥ずかしながらバカ丸出しである。帰宅後、女房は「ミスタードーナッツも当たったし、この頃ツイテきたんじゃないの・・・」
機材との接続やら何やら確かめようと、契約書やパンフレットをよく読むと・・・変だ。USENの受信契約は1860円。何で4000円なんだ?残りは早い話が受信機材のリース料なのだ。調べてみると、当たり前だが電波を使っている以上、受信機材が市販されていたら、みんなタダで聞くことができてしまう。課金のために機材は全てリースで、それを会費という名目にしているのだ。で、確かに今は入会キャンペーンをやっており10000キャッシュバックなのだ。となると・・・僕の2等賞は一体全体何が当たりだったんだろう。60000円相当は相当なのであって、60000円で販売されているわけではないのだ。ここまでくれば、もう怒りモードに突入である。早速、五反田のこの会社へ電話して、「一体、俺は何が当たったんダッ?!」と厳しく説明を求める。勿論、応えられようもなく、即時解約である。怒りは収まらず、再度ショッパーズプラザにとって返し契約書原本を取り返してきた。一言「まずいんじゃないのかい?」と言ってあげた。
しかし、反省反省である。バカ丸出しでキャッチの女性と写った写真を見ると・・・女性はハズレの箱と3等の箱、そして写っていないが必殺の2等の箱、3つの箱を持っている・・・

人に歴史あり?とにかく、ハッピーなBGMを聴いている。でもアメリカってすごいなあ・・・著作権とかどうなっているんだろう?(2007,8,14)

(追記:当ページへのアクセスが多いのでアドバイス。もし、同じような方法で契約書にサインをしてしまって後悔している方がおられたら・・・今、帰ってきたばかりなら、すぐに取って返して契約書を取り返せば安心です。すでに行った先が閉店してしまっているのなら、契約書の連絡先へなるべく早く連絡して契約解除の旨を申し出て下さい。法律的にはその意思表示をすれば契約は成立ません。僕のケースでも五反田の会社に連絡した時点で契約無効は成立していました。消費者はクーリングオフという制度で保護されています。電話ではきちんと相手の氏名を確認すること、それと行けるところだったら契約書を取り返して来れたら尚安心でしょう。勿論、契約に納得している方はこの限りではありません。恥ずかしかったのですが、当時のバカ丸出し記念写真をアップしました)

2007 blog

ページトップへ