09/13 60分コース横浜港クルーズ・ペガサス号

日本郵船氷川丸・横浜港クルーズ:店長日記・アートポスター販売・Ocean-Note

横浜散歩。長女は学校が忙しく、僕も雑事に振り回され、近頃は家族4人が揃う機会が少ない。今日は久しぶりに4人連れになったので、まずはコスモワールドを奢った。僕は高所と絶叫マシーンが全く苦手だが、長女は乗り物酔いの割にジェットコースターの類が滅法お気に入りでご満悦である。赤レンガの先で弁当開きの後一旦二組に解散。次女と氷川丸でのんびりするつもりだったが、思いついて60分コースの横浜港一周遊覧船に乗る。僕も初めてである。

思えば、船に乗るのさえ2010年のクイーンメリー2寄港・追っかけお出迎えクルーズ以来である。高名なマリンルージュとペガサスという小さな遊覧船(京浜フェリーボート所属だがペガサスという船はいつも横浜港遊覧をやっているわけではないようだ)、出港時間はいくらも違わないのでどちらが良いかと聞くとペガサスが良いという。内心、ミーハーな助平心でサザンの歌のマリンルージュに乗ってみたいと思っていたが、このペガサスは大正解。バウのデッキの一番前で爽やかな晩夏の風が何とも良い気分、大人子供で2250円はお安くないが、十分元を取った。(笑) 熱くも寒くもない今時ならば、船室の中にこもる理由はない。海上、船首側から拝む氷川丸、格別である。

横浜港も海から見れば、「ああ、この新港埠頭(海保が使っている旧5号ふ頭)から氷川丸が太平洋横断していたんだなー、この光景から接岸したんだなー」なんていう雰囲気も少しは味わえる。往時の横浜港は昨年3月の日記で書いたのでご参考まで(2014,09,14)

2014 blog

ページトップへ