18. クイーンエリザベス2 QE2のパター

クイーンエリザベス2、スクリューブロンズのパター

オーシャンライナーに熱を上げていたら、魚心に水心だろうか、新しいコレクションが仲間入りした。クイーンエリザベス2のゴルフパターである。自らの戒めとしてゴルフとカメラには手を出さないことを信条としているが、このパターはクイーンエリザベス2のスクリューを鋳直して作られたものである。1987年、蒸気タービン発電+モ−ター推進からディーゼルエレクトリック+モーターに機関換装するとき、QE2の6枚羽の固定ピッチ6枚羽のスクリューも可変ピッチ5枚羽のものに交換された。その外されたスクリューのブロンズを鋳直してゴルフクラブを作ったのである。クラブ製造はあのマスターズのセントアンドリュースにあるSwilken社で、フルセットのものは1000セット製造され日本では当時150万円だったそうである。これはそのセットものとは違うパーシモンヘッドのパターで、飾り台付のものだ。

人それぞれの嗜好があって・・・ポスター類、パンフレットやブローシャーの紙モノ、写真、葉書、船具・・・一言にコレクションといってもいろいろな方向があるものだが・・・僕にとっては、そんなジャンルを越えて、かつて恋焦がれたQE2のスクリューがそこにあることは何だかとても不思議で幸せな感じなのである(2009,11,12)

BOAC CUNARD【船と港のエッセイ】 CONTENT【船と港のエッセイ】 Cunard Queensの船内消印ラストカバー【船と港のエッセイ】