09/28 ディスカバリーCH・クイーンメリー2

僕(当家は?)はビデオだとかDVDといったものに余り関心が無く、ビデオが壊れていても不便を感じたことは無かったし、TSUTAYA(と、言うのかな?)みたいなレンタル店の会員にもついぞなったことがない。5年程前、初めてPCを買った時に、プロバイダはNTTと散々揉めた上(今でも忘れない「局から離れていて云々・・・嫌ならどうぞ止めて下さい」ってな調子なのである)、マンションの誰かがJCOMに入ったため回線が来ているのを思い出し、急遽JCOMをプロバイダにした。ついでに、JCOMのTVの契約もした。ただ、それでなくてもTVに興味が無いものだから、あのTVガイドのお化けみたいな番組表は、ついに解読できなんだ。結局、その場その場でクルクルチャンネルを回しながらTVを見ている次第。60何チャンネルあっても猫に小判、豚に真珠なのであるが・・・

そんな時にも、偶然素晴らしい番組に出会うものだ。昨日は、ディカバリーチャンネルで、客船・クイーンメリー2の建造のドキュメンタリーをやっていて感動した。それぞれの映像は、まあ、大きな建設現場のようなものだが、日本語に吹き返られた解説やインタビューが素晴らしい。それと、クイーンメリー2が目指したもの・・・もうすぐ引退のクイーンエリザベス2や初代クイーンエリザベス、初代のクイーンメリー、そして涙物はあのノルマンディー。当時の雄姿の映像なぞ、日本じゃあ見ることは稀だ。設計者は「船名を継ぐので、クイーンメリーを意識した」とか、解説では「その辺のクルーズ船とは違う。どんな荒天でも港に逃げずに大西洋を渡る」と来た。英国の海防上、そのポジションは明言されてはいないが、何度も商品解説やブログに書いている通り、結局は有事の兵員輸送任務にも耐えられる、つまり七つの海の覇者であった英国の誇りが凝縮された船がクイーンメリー2なのだ。

さて、残念ながら予定があるのかどうか、DVDは未発売である。しかし、番組は何度か放送される。これは・・・必見である。一応放送予定は、28日(金)21:00、29日(土)2:00、30日(日)13:00、10月5日(金)8:00、である。JCOMに限らずCATVご契約の方ならディスカバリーチャンネルもご覧になれることと思う。これは、絶対必見である。(2007,9,28)

(後日追記:Ocean-Note DVD ANNEXで、海事資料としてプライベートコピーをお分けしています)

2007 blog

ページトップへ