10/26 神奈川新聞掲載 商工会議所と創業

神奈川新聞記事掲載:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

今日の神奈川新聞に当店の記事が掲載された。これは横須賀商工会議所が運営するウェブサイト”ヨコスカイチバン”からのピックアップということで掲載していただいた。横浜の岩崎学園の学生さん、南方里織さんが実務研修の一環で記事を担当したのだが、ありがたいことに彼女が当社を指名してくださった。取材にもきちんと見えて、その後の記事執筆も大変ご苦労されたことと思う。労をねぎらいたい。

思えば商工会議所との縁は、先輩のIさんの助言から始まった。実は、勢い良く会社を辞めたは良いが、ラーメン屋さんだとか、パン屋さんだとか事を決めてかかったわけではないから、頭の中で試行錯誤を繰り返すも中々思うようには事業の構想がまとまらなかった。ひととおり勉強したマーケティングとやらの知識で、いっぱしの事業計画は立ててはみたが・・・(経験のある方ならわかるだろうが、無用とは言わぬまでも、ほとんどアソビですな、これは)時は流れ、さていざ創業となるとどうして良いかわからない。するとある日、Iさんのヨットの上で日向ぼっこをしていると「お前、商工会議所に行ってみな」と来た。それで、商工会議所に行くと”創業セミナー”なるものがありこれに参加してみた。このセミナーが、直接役に立っているか否かはともかく、無事会社設立に漕ぎ着けることに至ったのは事実である。何より、行きがけの駄賃ではないが、横須賀市のベンチャー事業支援制度に応募して、えらい苦労の末認定を受けることができたのも創業セミナーがきっかけだったし、そのための事業計画の再構築は、少しづつ、方向修正を余儀なくされた部分もあるがオーシャンノートの柱になってくれていて今日がある。商工会議所での出来事が無ければ、ポスターの販売はおろか、もっと拙い仕事になっていたのではないかと思う。

僕はどちらかと言えば、ロビー活動みたいなものは得意な方ではないが、商店会の役員の末席で寄り合いも欠かさず出席させていただいているし、創業時に会議所にお世話になった縁から”ヨコスカイチバン”にも参加して、ありがたくも新聞にご掲載いただく機会も得た。”横須賀市ベンチャー支援認定事業”のご期待にはとても応えているとは言えず恥じ入る部分も大いにあるが、信念と情熱(と執念?)は衰えず、何よりウェブでは全国の皆様が購入してくださることが大きな励みになっている。僕の夢は・・・書くと大風呂敷の事業計画みたいになるから止めておこう。(苦笑) (2007,10,26)

2007 blog

ページトップへ