02/22 タウンニュースに掲載

タウンニュース掲載:店長日記の写真:ポスター販売・Ocean-Note

全国規模であればマイナーかもしれないが、神奈川県のフリーペーパーでなかなか良い情報源になるのは”タウンニュース”誌だ。会社勤めの頃は、それなりに世界的なブランドの家具会社だったから、大きな出版社からの取材なども受けたものだったが、ゼロからの起業で同じ事を望むべくもない。ところが、タウンニュース誌は、僕が横須賀市から2種類の起業援助を受けたことから一昨年の夏に開店早々記事に取り上げてくれた。それ以来、何くれと無く気にかけてくれて、新任のTさんもまめにフラリと寄ってくれる。で、彼女が目に留めたのが、戦艦大和の模型だ。

何度も書いているが、ウェブでは海のポスターと洋書の販売に特化している。理由はいろいろあるが、ワンテーマのポスターという絞ったテーマの方がウェブに向いていること、ポスターはすべて額装したものという特徴を打ち出せることなど様々だ。しかし、ここは良いか悪いかはわからないが、実店舗はもっと様々なモノを置いているのである。何だか2つの店があるようで、しばしば頭も混乱するが・・・出来の良い船の模型やロープノットの額、コンパスの置物・・・こんなものに囲まれているのはなかなかハッピーである。もっともっと・・・そう、オーシャンノートを僕のコレクションルームにようにしてしまいたいものである。

気をつけなければいけないのは、その時々の僕の気まぐれで?言い直せば、興味の方向で店が少しづつ趣を変えているということだ。いつも同じじゃつまらない?でも・・・このところ相変わらず”デカ劇場”なる番組にはまっていて、土曜の夜は西部警察、太陽にほえろ!、Gメン75を連続で観る。観終わると・・・「おい、デカグッズの店もいいよなぁ・・・」と。女房はあきれている。それは冗談にしても、このところ、すっかり客船なのである。(2008,2,22)

2008 blog

ページトップへ