客船エンプレス・オブ・ブリテンのポストカード

“Canadian Pcific Empress of Britain” ポストカード10種セット(送料無料)

客船エンプレス・オブ・ブリテンのポストカード

価格:

1,000円 (税込)

購入数: セット

上のサムネイル画像のポストカードセットです。サムネイルにポインタを乗せて表示、「拡大表示」クリックで拡大表示されます

  • p2304b・・・現代、書籍の表紙にも運用される優れた図柄のポスター。1932年。ロンドンの商業デザイン事務所クレメント・デインによる作品ですが、所属したアーティストの誰がデザインしたか明確にされていませんが、チャールズ・シェパード(Charles Shepherd, 1928-?)ではないかと推測されます(Clement Dane Studio)
  • p-2345・・・1929年製作とされるエンプレスオブブリテンのポスター。記録では1929年ですが、エンプレスオブブリテンの就役は1931年なので、使用されたのは1930年ではないかと思われます。但し、大西洋にエンプレスオブブリテン、太平洋にエンプレスオブジャパン、カナディアンパシフィック鉄道経由による独自のカナダルートでの東洋行きは、老舗の東回りP&Oに対抗する要路として二隻の高速客船建造は大いに注目を集めていたので、早めの告知であったことは考えられます。カナダの挑戦と書かれていますが、カナディアンパシフィックは英国資本です
  • p2808・・・英国鉄道ポスターの大御所、レスリー・カーによるサウサンプトンドックのポスター。サウサンプトンドックは、キュナードのクイーンメリーの就役をにらんで建設されましたが、先立つこと5年、新造の英国船としては初めての大きな「お客様」がエンプレス・オブ・ブリテンでした(Leslie Carr, 1891?-1961)
  • p2346・・・1931年、エンプレスオブブリテン、処女航海告知のためのポスター。製作は1930年。作者は特定されていませんが、数多いエンプレスオブブリテンのポスターの中で、最も史料価値が重んじられています
  • p2305・・・1932年のポスター。このポスターはドイツ語版ですが、英語版の存在は確認できません。作者はロバート・シュローダーですが、作詳細もわかりません。当時のファッション誌イラストのような洗練されたデザインが目を惹きます(Robert Schroder, ?-?)
  • p2306・・・ケネス・ショースミス、1933年のポスター。一見してショースミスの作品とわかります。ショースミスが描くと、エンプレスオブブリテンが、古風な英国船の形・・・直立したスクエアーなハウスを持っていることが強調されます(Kenneth Denton Shoesmith, 1890-1939)
  • p2307・・・1935年のポスター。作者不詳ながら、広く一般に好かれるデザインで、エンプレスオブブリテンの説明で引用されることが多いポスターです。恐らく、最も大量に製作されたのではないかと推測され、現存数がそこそこ確認できます
  • p2348・・・1937年の大西洋航路のポスター。広く出回ったエンプレス・オブ・ブリテン定期航路のポスターはこれが最後になりました(Roger Couillard , ?-?)
  • p2614・・・1937年のポスター。作者シェリンガーは名前からするとドイツ人ではないかと思われます。エンプレスオブブリテンは、世界恐慌期に就役したため、収益確保のために最初の年から冬季クルーズに使用されました。(日本へも、都合7度寄港しています) これは1937年のポスターです(O. Schlienger, ?-?)
  • p2349・・・1938年の世界一周クルーズのポスター。日本へも寄港しました(Norman Fraser , ?-?)

カナディアンパシフィックはロンドンに本社を置く北米大陸横断鉄道の敷設・運営会社として1881年に設立、1886年にケベックからバンクーバーまで4600km余りの鉄路を開通させました。英国にとって、インド・香港への貿易・交通路は重要で東回りのP&Oに対して北米経由の西回ルートの確立への要望は強く、1891年に太平洋航路を開設、そして1903年には大西洋航路に乗り出し、カナディアンパシフィックのオールブリティッシュで香港まで36日で行けるようになりました。東回り香港行きは、暑いインド洋経由だったのに対し、涼しいカナダ経由は人気を博しました。1920年代後半、カナディアンパシフィックは、この独自ルートの競争力をさらに高めるために、大西洋と太平洋に同時に大型客船の投入を決め、1931年、サンサンプトン・ケベック線に42000トン、24ノットのエンプレス・オブ・ブリテンを就役させました。香港行きの独自ルートは一定の需要があったものの、世界恐慌による集客減少は否めず、エンプレス・オブ・ブリテンは就役の年から冬季クルーズを行いました。1931年から世界情勢の悪化で運航が困難になった1939年まで、都合8回の東回りワールドクルーズでは、毎年日本へも寄港しました。1939年、第二次大戦が勃発すると、エンプレス・オブ・ブリテンは兵員輸送軍務へ編入されますが、、1940年8月アイルアランド沖でドイツのコンドル爆撃機の攻撃を受けて炎上、総員退去の翌日、曳航中をUボートに雷撃され沈没します。エンプレス・オブ・ブリテンは、第二次大戦中に沈没した最大の商船となりました。エンプレス・オブ・ブリテンのポスターは数多く製作されました。デザインの質も高く、カナディアンパシフィックがエンプレス・オブ・ブリテンに注いだ力の大きさがうかがえます


○ オーシャンノートオリジナルポストカードについて

当ポストカードは、ヴィンテージポスターの画像データをポストカード用にレイアウトした精密レプリカです。元となるヴィンテージポスターには破れや傷み、退色やヤケがあるものが多く、折れや破れなどの傷み部分は画像修正し、質感を損なわない程度に色相・彩度、明度等を調整し発表当時のポスターの再現につとめています。プリントはオンデマンドアートプリント、通常のデジタルプリントとは違って水ににじまず、実際のポストカードとしても使用できます。
通常の屋内環境で30年から40年以上は鑑賞に堪え得る保存が可能なので、資料収集向けにも適しています

○ ベースペーパーとプリント

紙:0.27mm厚、特注カットアート紙(参考:官製はがき t=0.22mm)
寸法:148mmx100mm(裏面に淡グレー色で“POSTCARD”表記、郵便番号枠無し。郵便ハガキとして使用できます)
印刷:オンデマンド、ピグメント(顔料)インク、屋内30年以上保存鑑賞可
ベースペーパーは官製インクジェットはがきより、やや白色度高めです

○ 商品のお届けとお支払いについて
  • ポストカードシリーズは、普通郵便もしくは日本郵便クリックポスト(原則ポストカードセットで複数ご注文)にて御宅郵便受け投函でのお届けとなります
  • 他の商品も合わせ、合計5000円未満のご購入では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済の3通り、ヤマト運輸代金引換はご利用できません。(システム上、ご購入画面に銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済しか表示されません)
  • 合計5000円以上のご注文では、お支払いは銀行振込、ゆうちょ銀振替、クレジットカード決済に加え、ヤマト運輸代金引換もご利用できます。324円の代引き手数料が代金に加算されますが、ヤマト運輸宅急便扱いとなります
  • 額装アート商品と併せてご購入の場合は、ヤマト運輸宅急便でのお届けとなります

ご不明な点はお問い合わせください

 category


● カナディアンパシフィック・客船エンプレス・オブ・ブリテンのポスター、雑感

毎回寄港地は変わったものの、もともとカナディアンパシフィックにとっては支社を置く日本への寄港は充実しており、長崎、門司、大分、別府、広島、神戸、横浜に停泊した記録が残っています。広島沖の停泊では宮島へテンダーで上陸、神戸からは特別列車で京都観光、横浜ではハイヤーを連ねて鎌倉観光(多分、日光や東京のツアーもあったでしょう)のオプションツアーが開催されました。また、日本の桜は高名で、これを見るために横浜寄港を桜の満開に合わせて調整したという話も伝わります・・・1922年のトーマスクックによるワールドクルーズ(船はキュナードのラコニア)の記録を興味深く読み 店長日記に書きました。当時の日本寄港の様子がわかります (T.O.)

● 大西洋航路客船(HAL,USL,CPL,RML,NGI)ポストカード INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

ホ−ランドアメリカライン・客船ロッテルダム(1959)のポスター ポストカード イタリアンライン・客船クリストファー・コロンボのポスター ポストカード イタリアンライン・客船アンドレア・ドリアのポスター ポストカード ユナイテッドステーツライン・客船ユナイテッドステーツのポスター ポストカード カナディアンパシフィック・客船エンプレス・オブ・スコットランドのポスター ポストカード ユナイテッドステーツライン・客船アメリカのポスター ポストカード ロイヤルメールライン・客船アンデスのポスター ポストカード ホ−ランドアメリカライン・客船ニューアムステルダムのポスター ポストカード ロイヤルメールライン・客船アストリアス、アルカンターラのポスター ポストカード イタリアンライン・客船コンテ・ディ・サヴォアのポスター ポストカード イタリアンライン・客船レックスのポスター ポストカード ユナイテッドステーツライン・客船ワシントン、マンハッタンのポスター ポストカード カナディアンパシフィック・客船エンプレス・オブ・ブリテンのポスター ポストカード ロイヤルメールライン・客船アトランティスのポスター ポストカード ホ−ランドアメリカライン・客船スタテンダムのポスター ポストカード ユナイテッドステーツライン・客船リバイアサンのポスター ポストカード ロイヤルメールライン・客船オハイオのポスター ポストカード ロイヤルメールライン・Oクラス客船のポスター ポストカード ロイヤルメールライン・Aクラス客船のポスター ポストカード

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ