1922年 客船マジェスティックのカッタウェイ断面図 2707XL

● 1922年 ホワイトスターライン・客船マジェスティックのカッタウェイ断面図 精密レプリカ額入りジクレーアート
 ≪WHITE STAR LINE R.M.S. MAJESTIC, 56,621 TONS, THE WORLD'S LARGEST LINER≫


額縁・マットの色をプルダウンにてお選びください

1922年 客船マジェスティックのカッタウェイ断面図 2707XL

価格:

11,894円 (税込)

額・マット:
購入数:

送料無料。お届けはご注文後約7日です。価格にはアートプリントとマット・額縁、全て含まれます


商品名 :1922年 客船マジェスティックのカッタウェイ断面図 2707XL
作品名 :WHITE STAR LINE R.M.S. MAJESTIC, 56,621 TONS, THE WORLD'S LARGEST LINER
作者名 :anonymous (White Star Line)
製作年 :1922
額縁・マット : カマボコ型 12mm t=1.5mmx2枚ダブルマット 前面1.5mm厚クリアーガラス
          額縁とマット色をお選びいただけます
           ・黒艶消し額縁 X ブラウン/ライトベージュ・ダブルマット
           ・白ツヤ額縁 X ネイビー/ライトブルー・ダブルマット
額縁サイズ : 560mm x 440mm
作品サイズ : 468mm x 312mm (内側マット抜きサイズ、表側オーバーマット抜きは478 x 322mm)

当商品は伊勢和紙に顔料インクを用いたアートプリントを国産材料で額装したものです。奥行きを持たせる濃淡色二重のダブルマット仕様です。伊勢和紙は伊勢神宮の奉書紙として漉かれ全国の神宮大麻に使用されています。インクジェットに意欲的で、伊勢和紙アート紙は新たな表現材料として世界中のアーティストに使用されています。マーメード紙程度の表面テクスチャーによる風合いが楽しめ、無酸性紙に顔料の組合せはリトグラフやシルクスクリーンに比べ格段の保存性を持ち、数十年単位の鑑賞に耐えます。画像データに傷や劣化の補修、彩度などの可塑修正を施し、テストプリントを繰り返し微調整して仕上げています


● ホワイトスターライン・客船マジェスティックのカッタウェイ断面図

1922年、ホワイトスターライン配布の客船マジェスティック、ホールディングブローシャーのカッタウェイ断面図イラストです。
ハンブルクアメリカラインの経営者、アルベルト・バリーンの理想が結実したのがインペラトール(皇帝)、ファーターラント(祖国)、ビスマルク(ドイツ宰相)の三巨船でした。バリーンは、軍艦のみならず商船に及ぶ英独の建艦競争を憂いており、むやみに速度競争をするよりは平和的な、安全で大きな船を作るべきとの考えを持って、この三巨船を建造しました。バリーンの願いもむなしく第一次大戦は避けられず、ファーターラントは米国参戦後に米国に接収、第三船のビスマルクの完成は見ることなく失意のまま睡眠薬を多量に飲みこの世を去ることになります。戦後、インペラトールはキュナードのベランガリア、ファータラントはユナイテッドステーツラインのリバイアサンとなり、未完成のビスマルクは大戦中にオリンピッククラス三番船・ブリタニックを失ったホワイトスターラインへ賠償で引き渡されることになりました。しかし・・・ホワイトスターラインへ引き渡すために建造を再開して完成した客船は・・・敢えてビスマルクの船名とハンブルクアメリカラインのファンネルカラーを持ったビスマルクでした。ホワイトスターラインへ引き渡されたビスマルクは、当時世界最大の客船としてマジェスティックへ改装され、1923年から14年間、ホワイトスターラインがキュナードと合併した後まで運航されました。
本図にも「世界最大」の文字が見えますが、客船マジェスティックはフランスの客船ノルマンディーが就役するまで、世界最大トン数の客船でした。船会社にとっては、カッタウェイの冊子ひとつも大いなる手間だったと想像され、印刷物や宣伝広告には手間ひまをかけたホワイトスターラインながら、本図は全体の印象がやや中途半端でチープです(マストが完全に描かれていないことも影響しています)。船を美しく見せるため、背景色の彩度をやや落とし、省略されているマストトップと無線アンテナ、リギングは当時の史料と古写真をもとに忠実に追加再現しました

・ 雑感

アルベルト・バリーンが作ったビッグスリーのうち、最も成功したのがマジェスティックだったかもしれません。アメリカに引き渡されたリヴァイアサンは、米国の船会社にとっては大きすぎ、キュナードのベランガリアはモーレタニアとアキタニアの陰に回った感があります。ホワイトスターラインではタイタニックとブリタニックを失ってオリンピックとのランニングメイトとしてマジェスティックを迎えますが、ハーランド・アンド・ウォルフで改装を受ける際に協力したドイツ人技師たちの態度こそ好意的ではなかったと伝わるものの、客船としてのコンセプトはオリンピック級と似通っていたため、扱いやすかったようです。世界最大の客船としての人気も高く営業成績は好調でした。改めて船の運不運を感じます (T.O.)

【Maritime Gallery Ocean-Note】


● ジグレーアートプリント・客船のカッタウェイ・断面図XL INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

客船オリンピックの断面図 2708XL タイタニックの断面図 2473XL 客船フランス(1912)の断面図 2706XL 客船アキタニアの断面図 2469XL 客船マジェスティックの断面図 2707XL 客船ノルマンディーの断面図 2470XL 客船クイーンメリーの断面図 2474XL 客船クイーンエリザベスの断面図 2472XL 客船ユナイテッドステーツの断面図 2100XL 客船フランスの断面図 2122XL 客船ミケランジェロの断面図 2704XL クイーンエリザベス2の断面図 2471XL クイーンメリー2の断面図 2426XL

XL/Cutawy 一覧ページ

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ