1882年 ギオンライン 3028LL

● 1882年 ギオンラインのポスター 精密レプリカ額入りジクレーアート
 ≪GUION LINE, ROYAL MAIL STEAMERS, TO NEW YORK≫


額縁・マットの色をプルダウンにてお選びください

1882年 ギオンライン 3028LL

価格:

9,487円 (税込)

額・マット:
購入数:

送料無料。お届けはご注文後約7日です。価格にはアートプリントとマット・額縁、全て含まれます


商品名 :1882年 ギオンライン 3028LL
作品名 :GUION LINE, ROYAL MAIL STEAMERS, TO NEW YORK
作者名 :anonymous
製作年 :1882
額縁・マット : 木製カマボコ型=12mm、t=1.5mmx2枚ダブルマット、前面t=1.5mmクリアーガラス
          額縁とマット色をお選びいただけます
           ・黒艶消し額縁 X ブラウン/ライトベージュ・ダブルマット
           ・白ツヤ額縁 X ネイビー/ライトブルー・ダブルマット
額縁サイズ : 410mm x 525mm
作品サイズ : 272mm x 407mm (内側マット抜きサイズ、表側オーバーマット抜きは282 x 417mm)

・ フレームの詳細

額装色見本

・ ディスプレーイメージ : 大きさの参考にしていただくためのイメージ写真です

1882年 ギオンラインのポスター、ディスプレーイメージ

・ 額入りジクレーアートについて

当商品は伊勢和紙に顔料インクを用いたレプリカジクレープリントを、日本製の額装材料にてアート額装したものです。作品に奥行きを持たせるダブルマット(濃淡二重のマット)仕様です。
三重県伊勢市の伊勢和紙は江戸期より伊勢神宮奉書紙として漉かれ、伊勢神宮ばかりでなく全国の神社の神宮大麻(お札)として使用されています。インクジェットアートプリントへの取り組みに意欲的で、伊勢和紙アートペーパーは阿波紙と並ぶ新たなアート材料として世界中の写真家やアーティストに使用されています。無酸性和紙に顔料インクを使用することによりシルクスクリーン、リトグラフ、オフセットプリントに比べ、格段に耐光性・保存性が良く、長期にわたって鑑賞に耐えます。表面テクスチャーはマーメード紙やキャンソン紙程度の強さを持ち、厚めに乗せた顔料によって深みのある風合いが楽しめます。
製作にあたってはデジタル撮影、またはスキャニングした画像データに経年保存による傷の補修、色あせや黄ばみは原画の表現を損なわない範囲で色調・彩度の可塑修正を施し、再度、作品ごとの印刷プロファイルを微調整して仕上げ、新たなアート作品としてお楽しみいただけます。


● 1882年 ギオンラインのポスター

帆船時代も蒸気船時代到来以降も、海運業へ挑戦する事業家たちは後を絶ちませんでした。現代であれば、一定の資本を集めることでLCCに参入できるのと同様です。何も航空機を自分で作らねばならないものではありません。19世紀に入るとアメリカの工業力は急速に拡大、当然に拡大した潜在的資本力はアメリカ人の野心とプライドを醸成します。1840年にキュナードが蒸気船による郵便輸送を英国政府から請け負うと、帆船時代の経験を持つ挑戦者たちが次々と現れます。アメリカからの挑戦者で存在感を放ったのはコリンズラインとギオンラインンでした。両者ともに、アメリカ人が持つ旧宗主国である英国への微妙な対抗心に訴えて事業を興しました。クェーカー教徒の母親を持つサミュエル・キュナードは事業についても質素倹約を旨としていましたが、コリンズは金ピカ時代の先を行くように豪華で早い船を造ってキュナードを凌駕しました。コリンズの事業は愛国心に依るアメリカの郵便輸送補助金に依存したものでしたが、数度の事故から補助金が打ち切られると事業は終焉を迎えました。この先訓に学んだものか、ギオンラインは英国への対抗心に燃える米国の資本を集め、英国のリバプールに会社を興しました。米国の法律によれば、米国籍の海運会社は米国で船を建造せねばならず、スクリュー船の商船建造では英国が一歩先んじていたことから米国籍では不利であるのに対して、資本主義先進国の英国では、外国資本であっても英国籍の会社は市民権を差別なく得ることができ、英国政府の郵便輸送を請け負うことが出来たからです。(ちなみにサミュエル・キュナードはカナダ人でしたが英国にキュナードラインを興しました)
海運業は、分かりやすい二律背反の難しさを持ちます。早い船を造れば好宣伝になり乗客は増えて収入は多くなるものの、船の建造費と燃料費もまた多くかかるので費用も多く、最終損益の赤黒は微妙なものになるという難しさです。単純に言えば、建造費が安く燃費の良い船に乗客が獲得できれば必ず黒字となりますが、乗客たちは往々にして早い船に乗りたがります。現状の自社の財務状況を的確に分析して、維持可能な速度の船を造ることがポイントでした。我々はついつい、「最速の船」に目が行き勝ちですが、実は「最速の船」は採算は良くありませんでした。悪く言えば、利益の源泉となる十分な船腹を確保した上に成り立つ人寄せパンダなのかもしれません。
ギオンラインは、アメリカの出資者を意識して船名にはアメリカの州の名前をつけました。1866年から1870年にかけて一気に9隻もの汽帆船を就役させ、1874年には米英間週2回の出帆という驚異的なスケジュールを実現させるに至ります。歴史に「もし」は禁物ですが、このまま事業を徐々に拡大させることに専念すれば良かったのかもしれません。ところが事情は不明ながら(恐らく船価を下げる目的)、著名な造船家ウィリアム・ピアスが経営権を持つグラスゴーのフェアフィールド造船所がギオンラインの経営に参画したことで事態は変わります。造船家の夢を反映したものか、ギオンラインはブルーリボン(大西洋横断最速客船の称号)獲得船、客船アリゾナとアラスカを建造するのです。計算上、15ノットの高速で7日台で大西洋を横断できれば、全船をニューヨーク直行に切り替えることで、3隻で週航が可能になるという計画でした。しかし、高速化のために機関スペースが拡大したために乗客数は減らさざるを得ず、結局、15ノットの速度とブルーリボンのタイトル奪取、これと引き換えに、船の乗り心地と会社の財務状況は悪化しました。しかし、この二隻のブルーリボン客船と、起死回生を図った客船オレゴンのブルーリボン獲得によって、名を残せなかった数多の挑戦者の中で名声を後世に残すことになったのは皮肉なことと言えるかもしれません。1894年、ギオンラインは航海を停止しました。
中央に客船アラスカが描かれた1882年頃のギオンラインのセーリングスケジュール告知用、フライヤー様のポスターです。イラスト上部にはギオンラインのブルーリボン客船、アラスカとアリゾナの船名が書かれています。下部、都度書き換えらるセーリングスケジュールの案内部分には客船アラスカとウィスコンシンのリバプール出帆日が書かれています。寄港をやめて全便ニューヨーク直行としたことで毎土曜日の出帆が成されていたことがわかります。また、「ニューヨーク行き」のポスターなので、英国内で使用されたものと判ります。つまり、移民乗船の集客が目的だったということです。絵柄を主役にした今日的な美術的価値も内包するイメージポスターが制作されたのは20世紀を迎える頃以降のことで、19世紀の客船ポスターでは、本作のような文字情報主体のフライヤー=チラシ様のものがほとんどでした。埠頭やターミナル、駅やチケット代理店で使用される消耗品だったので、紙質や印刷に質も悪く粗末なものでした。本作も文字部分の歪みが大きく、実質本位のフライヤーポスターです。オリジナルの文字部分の歪みが大きいため、鑑賞に堪える程度、最低限の修正を施しております。

・ 雑感

ブルーリボンの獲得によって歴史に名を刻んだギオンラインながら、当時の史料は驚くほど残されていません。タバコの販促物だったトレードカードが何種類か伝わっていますが、現在のところポスターに類するものは本作のみしか伝わっていません。しかし、当時の移民乗船客が何を見てチケットを買って船に乗ったものか・・・そのことがリアルに感じ取れる社会史、風俗史の面からも興味深いものと思えます。ここには描かれていませんが、当時の三等運賃は5ギニーほど、現在の円価値にしておよそ30万円ほどでしょうか。埠頭に着くと・・・このようなフライヤーを見て、なけなしの身銭を切って人々は大西洋を渡ったのです。(T.O.)

【Maritime Gallery Ocean-Note】


● ジクレーアートプリント・客船 LL/Poster Cruise Line INDEX

 ※ポスター画像をクリックしていただくと詳細ページへ移動します

2017年 郵船クルーズのポスター 3080LL 2016年 ヘニング・ブルーワー アイーダクルーズのポスター 3072LL 2016年 ヘニング・ブルーワー アイーダクルーズのポスター 3071LL 2016年 マタバデザイン ハパグ・ロイドのポスター 3031LL 2015年 郵船クルーズのポスター 3005LL 2015年 フレッドオルソンクルーズラインのポスター 2984LL 2015年 キュナードラインのポスター 2966LL 2014年 P&Oクルーズのポスター 2986LL 2013年 カーニバルコーポレーションのポスター 2992LL 1998年 アルベルト・ベール ポール・ゴーギャンラインのポスター 3014LL 1989年 日本郵船のポスター 2997LL 1987年 ビヨン・ウィンブラッド カーニバルクルーズのポスター 3017LL 1983年 ロイヤルカリビアンのポスター 3012LL 1971年 APL・アメリカンプレジデントラインズのポスター 2612LL 1970年 P&Oのポスター 3006LL 1962年 NDL・HAPAGのポスター 2654LL 1960年 NDL北ドイツロイドのポスター 2719LL 1961年 ホリーマン P&Oオリエントラインのポスター 2908LL 1958年 APL・アメリカンプレジデントラインズのポスター 3015LL 1957年 グレースラインのポスター 3007LL 1956年 エピロティキラインズのポスター 3013LL 1955年 アルダ・サッシ アメリカン・エクスポート・ラインのポスター 3035LL 1954年 ジャン・コラン イタリアンラインのポスター 2999LL 1954年 ダール・コリングス オリエントラインのポスター 2911LL 1953年 APLアメリカンプレジデントラインのポスター 2058LL 1950年 カナディアンパシフィックのポスター 2995LL 1950年 マトソンラインのポスター 2850LL 1950年 ルネ・グリュオ 仏連合貨物郵船会社のポスター 2958LL 1948年 パトローネ イタリアンラインのポスター 2954LL 1940年 ヴェルデマー・ライセン イースト・アジアティックのポスター 3044LL 1940年 小林道彦 日本郵船のポスター 2887LL 1940年 小磯良平 日本郵船のポスター 2064LL 1940年 マトソンラインのポスター 2634LL 1940年 マトソンラインのポスター 2633LL 1938年 日本郵船のポスター 3016LL 1937年 フランク・ヒンダー P&Oのポスター 2928LL 1937年 ダラーラインのポスター 2758LL 1937年 オットー・アルプケ 北ドイツロイドラインのポスター 2675LL 1936年 カナディアン・パシフィックのポスター 3061LL 1936年 カッサンドル イタリアンラインのポスター 2971LL 1936年 パオロ・フェデリコ・ギャレット イタリアンラインのポスター 2823LL 1936年 アルベルト・フース ハンブルク・アメリカラインのポスター 2361LL 1935年 セオドア・エトバウアー ハンブルク・アメリカラインのポスター 3057LL 1935年 MMフランス郵船のポスター 2979LL 1935年 里見宗次 日本郵船のポスター 2067LL 1932年 H.J.B. カナディアン・パシフィックのポスター 3078LL 1932年 ロイス・ガイッグ 北ドイツロイドラインのポスター 3024LL 1932年 ギオルギー・ヘミング 日本郵船のポスター 2221LL 1931年 ハンブルク・アメリカラインのポスター 2645LL 1930年 ハリー・ハドソン・ロッドメル スェーディッシュ・ロイドのポスター 3062LL 1930年 MMフランス郵船のポスター 3043LL 1930年 アルベルト・ファス ハンブルクアメリカラインのポスター 3011LL 1930年 日本郵船・キュナードラインのポスター 2584LL 1929年 アルフレッド・クロッカー カナディアンパシフィックのポスター 3077LL 1929年 パナマ・パシフィック・ラインのポスター 3046LL 1929年 吉田博 日本郵船のポスター 2223LL 1929年 戸田芳鉄 日本郵船のポスター 2225LL 1928年 サンディ・フック 仏連合貨物郵船会社のポスター 2974LL 1928年 カッサンドル ユナイテッドステーツラインズのポスター 2393LL 1927年 MMフランス郵船のポスター 2970LL 1926年 アメリカンメールラインのポスター 2835LL 1926年 アンカーラインのポスター 3065LL 1926年 キュナードラインのポスター 2589LL 1925年 フランク・ヘンリー・メイソン キュナードラインのポスター 2282LL 1925年 RMSPロイヤルメールラインのポスター 2319LL 1926年 ダラーラインのポスター 2466LL 1922年 ハンブルク・アメリカラインのポスター 3063LL 1922年 P&Oのポスター 2929LL 1921年 パシフィックメール 米国船舶院のポスター 2834LL 1921年 RMSPロイヤルメールラインのポスター 2317LL 1921年 MMフランス郵船のポスター 3060LL 1920年 北ドイツロイドラインのポスター 3022LL 1920年 ホワイトスターラインのポスター 2980LL 1920年 サンディ・フック MMフランス郵船のポスター 3009LL 1920年 オーディン・ローセンヴィング キュナードラインのポスター 2283LL 1918年 日本郵船のポスター 2628LL 1917年 日本郵船のポスター 2624LL 1916年 東洋汽船のポスター 2629LL 1911年 ホワイトスターラインのポスター 2951LL 1911年 日本郵船のポスター 2062LL 1909年 P&Oのポスター 3040LL 1909年 オーディン・ローセンヴィング キュナードラインのポスター 2598LL 1908年 キュナードラインのポスター 2937LL 1908年 CGTフレンチラインのポスター 2661LL 1901年 フレンチラインのポスター 3034LL 1901年 アンリ・カシエ レッドスターラインのポスター 2379LL 1901年 アンリ・カシエ アメリカンラインのポスター 2375LL 1899年 北ドイツロイドラインのポスター 3038LL 1897年 ホワイトスターラインのポスター 2776LL 1895年 CGTフレンチラインのポスター PLM鉄道 2983LL 1890年 フレンチライン・MMフランス郵船のポスター 2780LL 1890年 レッドスターラインのポスター 2949LL 1885年 インマンラインのポスター 3027LL 1885年 ギオンライン 3028LLのポスター 1877年 キュナードライン 3075LLのポスター 1875年 キュナードラインのポスター 2952LL 1870年 アンカーラインのポスター 3037LL 1869年 北ドイツロイドラインのポスター 3054LL

ジクレーアートプリント・客船 LL/Poster Cruise Line 一覧ページ

納入事例
客船ポスター四方海話
船と港のエッセイ 1
船と港のエッセイ 2
【Maritime Gallery Ocean-Note】

ページトップへ